--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03

黒鷲旗 グループリーグC組 JT戦

東レ 3-0 JT
(25-18、25-19、25-19)


スタメン
S:中道、R:迫田、L:高田・峯村、C:荒木・宮田
リベロ:濱口


3連勝でC組を1位通過しました。
準々決勝(Cコート第4試合)では上尾と対戦します。


<準々決勝 その他の組み合わせ>
NEC×日立
シーガルズ×JT
久光製薬×パイオニア
02

黒鷲旗 グループリーグC組 嘉悦大学戦

東レ 3-0 嘉悦大学
(25-14、25-18、25-13)


スタメン
中道、迫田、高田、大野、荒木、宮田 
リベロ:木村


JTと共に決勝T進出を決めました。

今日は日立と上尾は敗れましたが、日立は久光製薬と、上尾はシーガルズとフルセットゲームをやりました。
東海大学もデンソーから2セットを取りました。


ところで、Aコートで行われた昨日のパナソニック×星城高校のセット間にパナソニックの伊東選手が対人レシーブで飛び込んだ際に剥がれていた床の一部で腹部を負傷して病院に運ばれ、警察が現場検証を行う事態になったそうですね。
サントリーのモンタニャーニ監督から取材したみたいで、イタリアのバレーサイトのvolleyball.itでも報じられています

伊東選手の早期回復を願います。
2度と起こらないようにしっかり体育館の安全管理をしてほしいです。
01

黒鷲旗 グループリーグC組 大野石油広島戦

東レ 3-0 大野石油広島
(28-26、25-16、28-26)


スタメン
中道、迫田、高田、大野、荒木、宮田 
リベロ:木村

伊藤選手も出場して公式戦デビューを果たしたみたいです。


入れ替え戦で対戦したばかりのB組のデンソー×日立は日立が3-1で勝ちました。
それから、D組では上尾がトヨタ車体をストレートで下しました。
女子のその他の試合は全てストレートでV・プレミアリーグのチームが勝っています。
27

第62回黒鷲旗

黒鷲旗が5月1日(水)から6日(月・祝)までいつものように大阪のボディメーカーコロシアムで行われます。

<グループリーグの組み分け>
A組:NEC、パイオニア、日本体育大学、誠英高校
B組:久光製薬、デンソー、日立、東海大学
C組:東レ、JT、大野石油広島、嘉悦大学
D組:シーガルズ、トヨタ車体、上尾、下北沢成徳高校

<グループリーグ アローズの試合日程>
1日 vs大野石油広島
2日 vs嘉悦大学
3日 vsJT

アローズは全てCコート第3試合で、第1試合の開始時間は11時です。
グループリーグで1位ならD組2位、2位ならD組1位と準々決勝で対戦します。


久光は今季5つ目のタイトル(ここまでで逃したタイトルはサマーリーグのみ)が懸かり、JTは優勝すると3連覇となります。
昨季のアジアクラブ選手権から続けて決勝戦に進みながらもビッグタイトルを獲得できていないアローズは雪辱に燃え、今季のV・プレミアリーグのレギュラーRを1位通過しながら最終的には4位に終わったNECもリベンジを狙っていることでしょう。
それから、入れ替え戦で昇格と降格が起こったデンソー×日立が今大会のグループリーグでもあったり、NECの杉山選手やJTの大友選手にとっては現役最後の大会だったりと見所が多いですね。

第62回 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会(大阪府バレー協会)
13

2012/13V・プレミアリーグ女子 最終順位&個人賞

<最終順位>
優勝:久光製薬  ※6シーズンぶり3度目
2位:東レ
3位:シーガルズ
4位:NEC
5位:トヨタ車体
6位:JT
7位:デンソー
8位:パイオニア

久光が韓国のVリーグチャンピオンのIBK企業銀行と日韓Vリーグトップマッチで対戦します。


<個人賞>
MVP:長岡望悠(久光製薬)  ※初受賞
敢闘賞::荒木絵里香(東レ)  ※初受賞
ベスト6
 平井香菜子(久光製薬)  ※初受賞 
 荒木絵里香(東レ)  ※4シーズン連続7度目
 長岡望悠(久光製薬)  ※初受賞
 迫田さおり(東レ)  ※3シーズンぶり2度目
 近江あかり(NEC)  ※初受賞
 古藤千鶴(久光製薬)  ※初受賞

得点王:カナニ・ダニエルソン(トヨタ車体)  ※初受賞
スパイク賞:荒木絵里香(東レ)  ※3シーズンぶり3度目
ブロック賞:荒木絵里香(東レ)  ※2シーズン連続3度目
サーブ賞:荒木絵里香(東レ)  ※初受賞
サーブレシーブ賞:座安琴希(久光製薬)  ※2シーズン連続2度目
レシーブ賞:新鍋理沙(久光製薬)  ※2シーズン連続2度目
ベストリベロ賞:座安琴希(久光製薬)  ※2シーズン連続2度目
最優秀新人賞:近江あかり(NEC)
優勝監督賞:中田久美(久光製薬)  ※初受賞
優秀GM賞:萱嶋章(久光製薬)  ※初受賞

Vリーグ特別賞:杉山祥子(NEC)


2012/13V・プレミアリーグ女子 個人賞のお知らせ(Vリーグ)
13

V・プレミアリーグ ファイナル 久光製薬戦

東レ 0-3 久光製薬
(16-25、16-25、17-25)


スタメン
S:中道、R:迫田、L:高田・小平、C:荒木・宮田
リベロ:濱口

第2セットは宮田選手に代わって二見選手がスタメン出場し、第3セットのスタメンは元に戻りました。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:26.0%  久光製薬:37.1%
キルブロック
 東レ:4本  久光製薬:10本
サービスエース
 東レ:1本  久光製薬:3本
サーブ効果率
 東レ:8.3%  久光製薬:12.1%
サーブレシーブ成功率
 東レ:59.1%  久光製薬:71.1%
ミスによる失点
 東レ:19点  久光製薬:10点

10

セミファイナル 個人技術ランキング15傑 トップ5

<アタック決定率>
 1位:荒木(東レ)  60.3%
 2位:長岡(久光製薬)  52.6% 
 3位:山口(シーガルズ)  46.7%
 4位:平井(久光製薬)  41.5%
 5位:イエリズ(NEC)  40.3%
-----------------
 9位:宮田  36.4%
10位:高田  36.0%
11位:迫田  35.8%
14位:小平  34.3%


<総得点>
 1位:迫田(東レ)  68得点
 2位:長岡(久光製薬)  56得点   
 3位:高田(東レ)  52得点
 4位:新鍋(久光製薬)  48得点
 5位:山口(シーガルズ)  47得点
-----------------
 6位:荒木  44得点
 8位タイ:小平  39得点
15位:宮田  29得点

<アタック決定本数>(セット平均)
 1位:迫田(東レ)  4.77本
 2位:長岡(久光製薬)  4.25本
 3位:高田(東レ)  3.85本
 4位:山口(シーガルズ)  3.50本
 5位:新鍋(久光製薬)  3.42本
-----------------
 7位:小平  2.69本
 7位:荒木  2.69本



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。