FC2ブログ
27

田代選手「1年目からレギュラーを奪う」

「即レギュラーに」 バレー・東レ入団の田代(河北新報)


昨春、バレーボール女子の全国高校選抜優勝大会で準優勝した古川学園のセッター、田代佳奈美(17)=172センチ、68キロ=が、プレミアリーグの強豪・東レアローズに入団する。18歳以下日本代表として世界の舞台でも活躍した逸材は「1年目からレギュラーを奪う」と燃える。

 昨年10月、単独チームで出場し3位となったおおいた国体の後も、ほかの3年生と一緒に練習を続ける。「筋力も体力も維持したい」と話す。

 滋賀県栗東市出身。小学1年で競技を始め、2年からセッター。2年でバックトス、4年でワンハンドトスを身に付けた天才は、バレー留学した裾花中(長野)の2、3年時に全国制覇した。

 高校でも高く速いトスワークを武器に1年から活躍。2年時には18歳以下日本代表としてアジアユース選手権(タイ)に出場、優勝に貢献した。

 卒業後の進路は迷わず東レに決めた。NECレッドロケッツからも誘われたが、東レの活動拠点が故郷の滋賀県で、中学時代のチームメート峯村沙紀(長崎・九州文化学園)も入団することが決め手になった。

 東レは昨季のリーグ覇者で、北京五輪代表の木村沙織やアテネ五輪代表の大山加奈らが所属。セッターは田代も含め4人と定位置争いは激しい。

 昨年11月には、練習に初めて参加。木村のスパイクをレシーブし、レベルの高さとともに、不安も感じた。「パワーと高さに圧倒された。今のままでは通用しない」

 ただ「沙織さんにトスを上げるのが楽しみになった」とも。以来、木村を生かすためのトスや攻撃方法をいつも考えているという。古川学園の岡崎典生監督(40)は「男子並みの速いトスワークが魅力。1年目から活躍してほしい」と期待する。

 3月上旬にはチームに合流する。目標は元日本代表の中田久美のような攻撃的なセッター。日の丸も意識する。「ボールの下に入るスピードをもっと磨き、ロンドン五輪を目指す」と誓った。


古川学園なのでアローズでいえば昨季で引退した冨田選手と、高校卒業後2シーズンアローズに所属して現在は健祥会でプレーする長野選手の後輩になりますね。
それ以外にも古川学園は多くのVリーガーを輩出していて、元日立佐和の大沼選手やビーチに転向した菅山選手もOGですが、特にセッターの数に目が行きます。
セッターでは長野選手(現在はレフト)と田代選手の他に日立佐和の板橋選手、トヨタ車体の高橋選手(ライト兼セッター)、久光製薬の三上選手、そして再びインドアからビーチに行った西堀育実選手(西堀姉妹は中学校でも田代選手の先輩)がいます。

セッターはいろんなことを考えながらゲームを組み立てなくてはならず難しいポジションですが、田代選手のように「1年目からレギュラーを奪う」という志は大事です。
ぜひ日本を代表するセッターになってほしいと思います。
田代選手はアローズの本拠地の滋賀県出身でもあるので活躍が期待されます。



小平選手が長野県の茅野市役所を訪問した記事もありました。

東海大三高校の甲斐、小平選手 茅野市役所訪問(長野日報)


 プロ野球・オリックスに入団した東海大三高校の甲斐拓哉投手と、バレーボール・プレミアリーグ女子の東レに入る小平花織選手が19日、茅野市役所をそろって訪れた。柳平千代一市長に近況報告を行い、ともに高いレベルでの飛躍を誓った。

 甲斐投手は高校屈指の本格派右腕として注目を集め、昨年のドラフト会議でオリックスから1位指名された。今月11日に神戸市内にある球団の寮に入り、18日まで新人合同自主トレに参加していた。

 卒業試験を受けた後、2月から沖縄県の宮古島で開くキャンプに入るといい、「体づくりなどの土台づくりをしっかりしたい。高校と違い一年一年が勝負と思っている」と意気込みを語った。

 小平選手も抜群の跳躍力を武器に超高校級アタッカーとして活躍した。昨季プレミアリーグを制覇した強豪、東レから熱心な誘いを受け、名門チーム入りを決意した。3月1日の同校卒業式後にチームに合流する予定だ。

 東レの試合を間近に見る機会もあったという小平選手は「スパイクの威力など迫力がすごかった。環境に慣れ、早くレギュラーになれるよう頑張りたい」と決意を述べた。

 柳平市長は「健康管理に注意し活躍を期待している」と激励。高山勝裕校長は「2人に続きたいと入学を志す後輩もおり、ありがたい」と話していた。


北京五輪の陸上男子4×100mリレーで銅メダルを獲得した塚原選手やスピードスケートで長野五輪からトリノ五輪まで3大会連続五輪出場を果たした外ノ池選手(現在はプロゴルファーを目指しています)、同じくスピードスケートでトリノ五輪に出場した吉井選手、それからスノーボードクロスでトリノ五輪に出場した藤森選手も東海大三高出身なんですね。

小平選手も先輩たちや同級生の甲斐投手に負けないようにアローズで頑張ってほしいです。


あと、峯村選手は家族で月刊バレーボール2月号に出てましたね。
峯村選手も攻守で戦力になりそうなので楽しみです。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/971-e741482a