FC2ブログ
25

V・プレミアリーグ レギュラーR 武富士戦

東レ 3-0 武富士
(25-23、25-22、25-16)


昨日の日立佐和戦に続いてのストレート勝ちで今季10勝目を挙げ、セット率でシーガルズを抜いて3位に上がりました。

出番はありませんでしたが、昨日ベンチから外れた築地選手がベンチに復帰しています。

アローズはサーブで武富士を崩してサーブ効果率が13.2%あり、武富士のサーブレシーブ成功率は58.1%で、逆にアローズのサーブレシーブ成功率は76.3%と安定して武富士のサーブ効果率は7.1%でした。
それでも武富士の方がトスを散らせていたみたいですが、アタック決定率もアローズが上回って40.9%と28.9%でした。
そして、今日も張選手と木村選手の両レフトが得点源になり、両チーム最多の45本のスパイクを打って両チーム最多の20得点を挙げた張選手は決定率も高く44.4%(昨日の60.0%には及びませんが・・・)でした。
木村選手は張選手に次ぐスパイク打数(41)と得点(15)で決定率は36.6%でした。
また、木村選手は両チーム最多の25本のサーブを受けてサーブレシーブ成功率は80.0%でした。
それから、打数が22本だった芝田選手も44.5%の決定率で、キルブロックは1本(アローズ唯一のキルブロック)、サービスエースは2本、サーブレシーブ成功率は73.9%と活躍しています。
アローズはバックアタックもよく決まり、サイドの3人でバックアタックを合計14本打って半分決めました。

しかし、アタック決定率リーグNo.1の西脇選手はこの試合では決定率が3割を切って思うようにいかなかったようです。
それと、アローズのキルブロックが芝田選手の1本だけだったのは寂しいです。
それでチームのブロック決定本数がリーグ9位に下がりました。
大きな弱点があるのは良くないので、何とか改善してほしいと思います。


次は暖かい沖縄でのゲームです。
31日(土)は同じ10勝5敗のシーガルズ、2月1日(日)には12月の全日本選手権で優勝したトヨタ車体と対戦します。
体調には十分気を付けて下さい。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/970-5bde9f9d