FC2ブログ
22

個人技術ランキング15傑 トップ5(1月18日終了時点)

<アタック決定率>
 1位:西脇(東レ)  49.8%
 2位:杉山(NEC)  45.9%
 3位:矢野(デンソー)  45.2%
 4位:内藤(武富士)  44.5%
 5位:レナタ(トヨタ車体)  43.7%

<総得点>
 1位:レナタ(トヨタ車体)  339得点
 2位:ハニーフ(パイオニア)  294得点
 3位:フォフィーニャ(NEC)  284得点
 4位:張(東レ)  272得点
 5位:谷口(JT)  270得点
 5位:ヌネス(日立佐和)  270得点
-----------
 9位:木村  235得点

<アタック決定本数>(セット平均)
 1位:レナタ(トヨタ車体)  6.54本
 2位:ヌネス(日立佐和)  5.44本
 3位:ハニーフ(パイオニア)  5.25本
 4位:フォフィーニャ(NEC)  4.86本
 5位:張(東レ)  4.81本
-----------
 9位:木村  4.02本

<ブロック決定本数>(セット平均)
 1位:井上(デンソー)  0.96本
 2位:矢野(デンソー)  0.80本
 3位:森(シーガルズ)  0.79本
 4位:石川(武富士)  0.75本
 5位:宝来(JT)  0.73本

<サーブ効果率>
 1位:栗原(パイオニア)  16.4%  
 2位:井西(日立佐和)  15.6%
 3位:フォフィーニャ(NEC)  15.0%
 4位:内田(NEC)  14.4%
 5位:足立(武富士)  14.3%
-----------
11位:木村  13.4%
15位:芝田  12.1%


<サーブレシーブ成功率>
 1位:佐野(久光製薬)  84.5%
 2位:都築(トヨタ車体)  78.2%
 3位:米村(シーガルズ)  77.5%
 4位:成田(NEC)  75.4%
 5位:片下(デンソー)  74.7%


アローズのサーブレシーブ成功率は4位なんですが、この前のNEC戦で木村選手も濱口選手も随分サーブレシーブが乱れ、ブロック決定本数に続いてサーブレシーブ成功率でも個人技術ランキングのトップ15からアローズの選手の名前が消えてしまいました。
ここは立て直さなければなりません。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/967-32353f35