FC2ブログ
21

欧州CLのグループリーグが終了

欧州CLのグループリーグ最終節が行われ、既にグループリーグ突破を決めていたC組のベルガモはVGSイスタンブールにフルセット勝ちして首位でグループリーグを通過しました。

荒木選手は日曜日の国内リーグの試合(ベルガモ3-0カスッテラーナ・グロッテ)では第3セットに途中出場するも無得点でしたが、このVGSイスタンブール戦では第2セットに途中出場、第3セットからはスタメン出場して合計9得点(スパイク5、ブロック4)を挙げました。
このほかベルガモはオルトラーニ選手が両チーム最多の30得点をマークし、バラッツァ選手はブロックを6本決めました。
対するVGSイスタンブールの最多得点者は29得点のグリューン選手で、ニコリッチ選手は20得点でした。
それから、バハル選手がブロックを7本決めています。(CEVのHPをよく見るとスタッツがありました)

VGSイスタンブールは敗れましたが、ムシナを得点率で上回って2位通過しました。
3位になったムシナも各組3位の中で2番目に成績が良く、ギリギリでグループリーグを突破しました。
B組のRCカンヌはポスタル064ベオグラードを3-1で下して首位通過を決めました。
井野選手はリベロで出場しました。 →スタッツ

プレーオフ12の組み合わせ抽選会は22日にあるようです。

Last year's runner-up Zarechie ODINTSOVO is provisionally out of contention for the Playoffs 12!(CEV)


<グループリーグ最終順位>
A組
 1位:D.モスクワ(ロシア)  6勝0敗
 2位:リエカ(クロアチア)   3勝3敗(セット率1.100)
 ------------------------
 3位:プロスチェヨフ(チェコ)   3勝3敗(セット率0.846)
 4位:ムルシア(スペイン)  0勝6敗

B組
 1位:RCカンヌ(フランス)  5勝1敗
 2位:アンカラ(トルコ)  4勝2敗 
 ------------------------
 3位:ポスタル064ベオグラード(セルビア)  3勝3敗 
 4位:テネリフェ(スペイン)  0勝6敗

C組
 1位:ベルガモ(イタリア)  5勝1敗
 2位:VGSイスタンブール(トルコ)  3勝3敗(セット率1.000、得点率1.023)
 ------------------------
 3位:ムシナ(ポーランド)  3勝3敗(セット率1.000、得点率0.949)
 4位:ガラティ(ルーマニア)  1勝5敗

D組
 1位:ペルージャ(イタリア)  4勝2敗
 2位:ピワ(ポーランド)  3勝3敗 (セット率1.083)
 ------------------------
 3位:オジンツォボ(ロシア)  3勝3敗(セット率0.917)
 4位:アムステルフェーン(オランダ)  2勝4敗

E組
 1位:ペーザロ(イタリア)  6勝0敗
 2位:エジュザジュバシュ(トルコ)  4勝2敗
 ------------------------
 3位:ミュルーズ(フランス)  2勝4敗
 4位:シュベッヒャート(オーストリア)  0勝6敗


<ワイルドカード>
1位:B組 ポスタル064ベオグラード(セルビア)  3勝3敗(セット率1.091)
2位:C組 ムシナ(ポーランド)  3勝3敗(セット率1.000)
------------------------
3位:D組 オジンツォボ(ロシア)  3勝3敗(セット率0.917) 
4位:A組 プロスチェヨフ(チェコ)   3勝3敗(セット率0.846)
5位:E組 ミュルーズ(フランス)  2勝4敗

<追記>
最終ステージのファイナル4の主催チームはグループリーグの成績に関係なくファイナル4に進めるのですが、今回のファイナル4の主催チームはペルージャのようで、ペルージャはプレーオフの出場を免除されるのでオジンツォボもプレーオフ12に進みました。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/965-f6133ec1