FC2ブログ
30

2008年のアローズを振り返る

1月 全日本選手権:優勝
デラクルス選手が合流し、新設された全日本選手権で初代女王に輝く。初戦(2回戦)ではアローズに内定していた築地選手と宮田選手が所属する九州文化学園高校と対戦してストレート勝ちした。
12日からリーグ戦が再開して第1レグは6勝3敗で首位。

2月
第2レグは久光製薬に敗れただけで8勝1敗。通算14勝4敗で首位。

3月  V・プレミアリーグ レギュラーR:1位 セミファイナルR:1位
10連勝でレギュラーRを終え、第3レグは9戦全勝。通算23勝4敗で首位通過。そして、レギュラーRのアタック決定率でアローズがトップ3を独占(1位:荒木54.7%、2位:デラクルス52.8%、3位:西脇50.0%)。
セミファイナルRでも3戦全勝でトップ通過し、デンソーとの決勝戦に進出。

4月 V・プレミアリーグ 決勝戦:優勝
6日の決勝戦でデンソーを3-1で下して東レとして悲願のリーグ初優勝を飾り、荒木選手がMVP、ベスト6、スパイク賞、ブロック賞、それからスパイクのVリーグ日本記録賞も受賞。中道選手と木村選手とデラクルス選手はベスト6、濱口選手はレシーブ賞を受賞。
築地選手と宮田選手が入団。
西脇選手(初選出)、加奈選手(故障中のため辞退)、荒木選手、木村選手が全日本候補に選出される。 

5月 黒鷲旗:ベスト8
29日に地元の石山商店街でV・プレミアリーグと全日本選手権と秋田国体の優勝パレードを行う。
向井選手と冨田選手が引退。発表はなかったが、デラクルス選手も退団する形に。
引退した向井選手は事務局としてアローズに残留。
芝田選手が第3代キャプテンに就任。
北京五輪世界最終予選に荒木選手と木村選手が出場し、日本が五輪出場を決める。

6月 アジアクラブ選手権:3位 国体滋賀県代表決定戦:優勝
ベトナムで開催されたアジアクラブ選手権で3位となり、迫田選手がベストスコアラー賞、濱口選手がベストリベロ賞を受賞。
西脇選手、荒木選手、木村選手がWGPに出場。
7月 サマーリーグ1次リーグ(西部):3位
荒木選手がイタリアの強豪・ベルガモにレンタル移籍することが東レから発表される。

8月 国体近畿予選:優勝
国体近畿予選で優勝しておおいた国体の出場を決める。
長年腰痛に苦しんでいた加奈選手が手術を受ける。(翌月本人のブログで発表)
北京五輪に荒木選手(初)と木村選手(2度目)が出場。日本はアテネ五輪に続いて準々決勝で敗退したが、荒木選手がベストブロッカー賞を受賞。

9月 近畿総合:準優勝
近畿総合の決勝戦で2年連続JTに敗れてタイトル奪回ならず。
5日に荒木選手がイタリアに出発。
6日に加奈選手が約2年2ヶ月ぶりにブログを再開。

10月 おおいた国体:準優勝
2年連続国体で決勝戦に進んだが、シーガルズに敗れて連覇はならず。
元中国代表でアテネ五輪金メダリストの張越紅選手が新助っ人として加入。

11月
1日に08/09V・プレミアリーグが開幕し、NECに勝利して白星スタートを切る。この開幕戦で新人の宮田選手がスタメン出場。
2戦目で武富士に敗れ、昨季から続いていたリーグ戦のレギュラーRの連勝が11(決勝Rも入れると15)で止まる。
小平選手、峯村選手、田代選手の内定が発表される。

12月 全日本選手権:3位(ベスト4)
トヨタ車体との年内のリーグ戦最後の試合に勝って第1レグを6勝3敗の3位で終える。
全日本選手権の準決勝でパイオニアにフルセット負けして、これが2008年最後の試合となる。
アローズとハローキティのコラボ商品が発売される。



タイトルを獲れなかった悔しい大会もありますが、今年は1月に全日本選手権、4月にはV・プレミアリーグで初優勝して喜びに沸きました。
また、6月のアジアクラブ選手権では他のいろんなアジアのチームと対戦して良い経験ができました。
それから、向井選手と冨田選手の引退や荒木選手のレンタル移籍などもあり、チームの歴史に深く刻み込まれる忘れられない一年だったと思います。
来年はアローズの勝利はもちろん、加奈選手が順調に回復して元気にプレーできるようになることも強く願っています。

今年一年お疲れ様でした。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/952-abf49451