FC2ブログ
07

サロンパス杯

今年のサロンパス杯(9月27日~10月5日)はレクソナ/アデス、フィナザ/オザスコ、ピニェイロス/マッケンジー(以上ブラジル)、ペーザロ(イタリア)、キンデル(ポルトガル)、C.D.Cミラドール(ドミニカ共和国)が参加して行われてフィナザ/オザスコが優勝しました。

この大会はブラジルバレーボール連盟が主催、久光製薬がスポンサーで2001年から始まったクラブ対抗の国際大会で、ブラジルの国内リーグの上位3チームと外国の3チームが出場します。
入場は無料で会場は熱気に包まれ、TV中継もされているみたいです。
久光製薬スプリングスも2001年から2003年と2006年に出場しました。
今大会を入れて優勝は全てホスト国のブラジルのチームで、決勝戦のカードは5年連続フィナザ/オザスコとレクソナ/アデスです。 
そして、準優勝も第1回大会のラヴェンナ(イタリア)以外は全てブラジルのチームです。
優勝回数はフィナザ/オザスコが4回、 レクソナ/アデスが3回、ブルーライフ/ピニェイロス(現・マッケンジー?)が1回となっています。

<今大会の最終順位>
優勝:フィナザ/オザスコ 3年ぶり4度目
準優勝:レクソナ/アデス
3位:ピニェイロス/マッケンジー
4位:ペーザロ
5位:C.D.Cミラドール(予選リーグ敗退)
6位:キンデル(予選リーグ敗退)
<3位決定戦と決勝戦の結果>
3位決定戦
 ピニェイロス/マッケンジー 3-0 ペーザロ
 (25-20、25-23、25-22)

決勝戦
 フィナザ/オザスコ 3-2 レクソナ/アデス
 (25-16、27-25、22-25、25-27、15-13)

フィナザ/オザスコの主な選手はカロリナ選手、ナターリア選手、パウラ選手、タイーザ選手、サッサ選手、日系3世のタカギ選手です。
レクソナ/アデスにはファビアナ選手、エリカ選手、ジョイセ選手、カロリネ選手、ファビ選手、ラケル選手などが所属していて、監督はブラジル女子代表監督を務めて五輪で銅メダルを2度獲得し、その後ブラジル男子代表を率いて五輪で金メダルと銀メダルを1度ずつ獲得したレゼンデ監督です。
ペーザロにはスコブロニスカ選手、フェレッティ選手、フュールスト選手、グイッジ選手、ジャケリネ選手などがいて、ブラジルの男女両方を五輪で金メダルに導いたギマラエス監督が率いています。
それで10月8日のスーペル・コッパ・イタリアでペーザロとベルガモが対戦します。


<個人賞>
MVP:ファビアナ・クラウジノ(レクソナ/アデス)
ベストスパイカー:ベタニア・デラクルス(C.D.Cミラドール)
ベストセッター:カロリナ・アルブケルケ(フィナザ/オザスコ)
ベストブロッカー:ファビアナ・クラウジノ(レクソナ/アデス)
ベストディフェンダー:ファビアナ・ベルト(ピニェイロス/マッケンジー)
ベストサーバー:タイーザ・メネセス(フィナザ/オザスコ)
ベストサーブレシーバー:カミラ・ブライト(フィナザ/オザスコ)
最優秀監督:ルイゾマル・モウラ(フィナザ/オザスコ)

何とデラクルス選手とロンドン選手とヌネス選手がC.D.Cミラドールで出場しています。
大会公式HPを見ると、恐らくC.D.Cミラドールはドミニカ共和国代表チームです。
しかし、この3人の所属チームはブラジルと正反対の所にあってリーグ開幕が近付いて来ているし、3大大会や3大大会の予選のように万全の体制で臨まなければならない大会でもないですよね。


<You Tube動画>
ギマラエス監督、ジャケリネ選手、シェイラ選手のインタビュー

試合前の練習時にダンスをする観客たち

サロンパス杯のCM

昨年のサロンパス杯決勝戦


<おまけ>
もしもバレーをやっていなかったら(Bumba)
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/891-6214801c