FC2ブログ
10

WGP決勝R キューバ戦&アメリカ戦

9日
日本 1-3 キューバ
(25-19、23-25、18-25、19-25)

荒木選手が再び12名に登録されて日本のスタメンはいつものメンバーでした。

日本はサーブが走って第2セットの途中まではペースを握っていましたが、その後は失速しました。
45.38%のアタック決定率は高い方なんですが、キューバはそれを大きく上回る57.41%で、サーブレシーブでもキューバ(60.76%)が日本(52.27%)を上回りました。
それから、ミスによる失点の数は殆ど変わりませんでした。


10日
日本 2-3 アメリカ
(28-26、20-25、25-22、20-25、11-15)

日本はよく相手のスパイクを拾っていました。
そして、アメリカにはミスが目立ちました。
しかし、フルセットまで持ち込まれてアメリカのブロックが炸裂し、予選Rの第1週と同じくフルセット負けしました。

ミスによる失点はアメリカより13点少なかったのですが、ブロックポイントが日本の8本(半分は荒木選手)に対してアメリカは20本出て、サーブポイントは日本が1本でアメリカが6本でした。
それから、アメリカはスコット選手の決定率が68.00%もありました。

これで今大会9連敗になりましたが、選手は何連敗とかあまり気にする必要はないと思います。
五輪のアメリカ戦に向けて希望も見えました。
今のアメリカなら何試合かすれば勝てそうな気がします。(ただしブロックの差は何とかしなければ・・・)
リハーサルのWGPで勝っても本番の五輪で敗れては意味がないので、勝利は五輪の初戦に取っておいたということで。
五輪の初戦の相手がアメリカで良かったと思います。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/824-f733631b