fc2ブログ
19

北京五輪から新ボール

北京五輪からミカサの公式球が新しいタイプのものになります。

そこのとがこの前の『サンデースポーツ』(NHK)で取り上げられていて、新しいボールの表面にはゴルフボールにもあるようなディンプル(凹凸)があり、これまでよりも空気の抵抗を受けにくくボールの軌道が安定し、サーブでコントロールがしやすくなったようです。
また、ボールの反発力が低くラリーが続きやすくなるそうです。

それで「来年からの予定だったが、今になって北京五輪から採用されることに決まった」と紹介されていましたが、調べてみると昨年の11月6日に公式発表があって既にテスト使用もされていたみたいです。

New Volleyball Set For Olympics(SPIKE VOLLEYBALL MAGAZINE)


『China View』の記事にはテスト使用した選手や審判の声を聞いたアコスタ会長のコメントが載っています。

The FIVB is planning to introduce in the Beijing Olympics a new type of balls, which had received very positive feedback from players and referees in test using.
FIVBはテスト使用で選手と審判から非常に顕著な反響があった新しいタイプのボールを北京五輪で採用する予定である。

"Team Brazil said they liked it very much and it's a ball that the players like to feel. They are very happy and satisfied with the feeling it creates in hands," said Acosta. "We also received feedback from Serbia, it's also very positive and they like it very much."
「ブラジルチームはそれを非常に気に入ったと言い、それは選手たちが触れるのを好むボールだ。彼らは非常に喜んで、それが手に残す感覚に満足している。」、「セルビアからも反響があり、それも非常に顕著で彼らはとてもそれを気に入っている。」とアコスタ会長は語った。

"The referees have made comment that the ball is really fantastic. We hope to receive more feedback and I am very optimistic about the possibility for the ball that we will use for the first time in the Olympic Games in Beijing."
「審判たちはそのボールが本当に素晴らしいというコメントをした。我々はより多くの反響があることを望んでいる。そして、私は北京での五輪で初めて使うボールの可能性に関して非常に楽観的だ。」


現在も進行中か分かりませんが、ボールに関するコメントの次に気になるコメントがあります。

"We have also been studying the possibility of moving the attack line a little behind."
「我々はアタックラインを少し後方に動かす可能性も検討している。」


アタックラインの位置まで変える必要はないと思うのですが・・・。
必要以上にやると改革ではなく迷走になってしまいます。

ちなみに、ベンチ入りを14人(リベロ2人)にする案は17日の総会で承認され、来年の1月1日から採用されることになりました。
Vリーグはどうなるのでしょうか?
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/807-626b742d