fc2ブログ
18

クールマイヨール国際大会とエリツィン杯の結果

クールマイヨール国際大会 6月11日~14日@イタリア

<予選リーグ最終順位>
1位:ドイツ  3勝0敗
2位:イタリア  2勝1敗
3位:フランス  1勝2敗
4位:ロシア  0勝3敗

<順位決定戦>
3位決定戦
ロシア 3-0 フランス
(25-20、25-23、25-16)

決勝戦
イタリア 3-0 ドイツ
(27-25、25-23、25-9)

<最終順位>
優勝:イタリア
準優勝:ドイツ
3位:ロシア
4位:フランス

<個人賞>
MVP:セレナ・オルトラーニ(イタリア)
ベストスパイカー:マルガレータ・コズーフ(ドイツ)
ベストセッター:フランチェスカ・フェレッティ(イタリア)
ベストリベロ:エンリカ・メルロ(イタリア)
ベストブロッカー:クリスティーナ・バウアー(フランス)

大会HP

イタリアは毎試合メンバーを入れ替えて計18選手で臨みました。
それで全試合スタメンだった選手はいなくて、4試合中3試合にスタメン出場したのはいずれもレギュラーを目指すセッターのフェレッティ選手とライトのオルトラーニ選手とリベロのメルロ選手でした。
ロシアはAチームがエリツィン杯に出ていて、この大会はBチームでした。
エリツィン杯 6月11日~16日@ロシア

<最終順位>
 優勝:ロシア  4勝1敗(セット率2.17)
準優勝:ブルガリア 4勝1敗 (セット率1.75)
 3位:オランダ  3勝2敗(セット率1.44)
 4位:ウクライナ 3勝2敗(セット率1.22)
 5位:ベラルーシ 1勝4敗 
 6位:クロアチア  0勝5敗 

<個人賞>
MVP:デビー・スタム(オランダ)
ベストスパイカー:リュボフ・ソコロワ(ロシア)
ベストブロッカー:ストラシミラ・フィリポワ(ブルガリア)
ベストサーバー:ユリア・メルクロワ(ロシア)
ベストセッター:マリナ・シェシェニナ(ロシア)
ベストリベロ:エルケ・バインホーフェン(オランダ)

大会HP

エステス選手がロシア代表に復帰しています。
ロシアの1敗は最終日のオランダ戦(1-3)で喫したものです。
ブルガリアが健闘していてオランダにフルセット勝ちし、ロシアには敗れましたがフルセットまで持ち込みました。
ベストブロッカーのフィリポワ選手は井野選手と同じRCカンヌの選手です。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/805-92ce4f61