FC2ブログ
11

パンアメリカン杯はドミニカ共和国が優勝

5月30日~6月7日@メキシコ

<予選リーグ 最終順位>
A組
1位:ドミニカ共和国  4勝1敗(得点率1.301)
2位:アメリカ  4勝1敗(得点率1.287)
3位:アルゼンチン  4勝1敗(得点率1.232)
4位:メキシコ  2勝3敗 
5位:コスタリカ  1勝4敗 
6位:トリニダード・トバゴ  0勝5敗 

B組
1位:ブラジル  5勝0敗 
2位:カナダ  4勝1敗
3位:プエルトリコ  3勝2敗
4位:ペルー  2勝3敗 
5位:ベネズエラ  1勝4敗 
6位:キューバ  0勝5敗 

<準決勝以降の試合結果>
準決勝
ドミニカ共和国 3-1 プエルトリコ
(18-25、25-19、25-22、25-17)
 
ブラジル 3-0 アルゼンチン
(25-14、25-15、25-23)
 
3位決定戦
アルゼンチン 3-1 プエルトリコ
(26-24、25-18、16-25、25-16)

決勝戦
ドミニカ共和国 3-2 ブラジル
(26-24、30-28、22-25、19-25、15-11)
<最終順位>
 優勝:ドミニカ共和国
準優勝:ブラジル
 3位:アルゼンチン
 4位:プエルトリコ  
 5位:アメリカ
 6位:ベネズエラ
 7位:ペルー
 8位;カナダ
 9位:コスタリカ
10位:メキシコ
11位:キューバ
12位:トリニダード・トバゴ

ドミニカ共和国、プエルトリコ、アメリカ(以上北中米代表)、ブラジル(南米代表)が来年のWGPの出場権を獲得。

<個人賞>
MVP:シダルカ・ヌネス(ドミニカ共和国)
ベストスコアラー:デシレ・ゴールド(ベネズエラ)  
ベストスパイカー:アレクシス・クライムズ(アメリカ)
ベストブロッカー:シンディ・ロンドン(ドミニカ共和国)
ベストサーバー:パトリシア・ソト(プエルトリコ) 
ベストディガー:カミラ・ブライト(ブラジル)
ベストセッター:アンジェラ・マギニス(アメリカ) 
ベストレシーバー:マリアネラ・ロビネ(アルゼンチン)
ベストリベロ:マリアネラ・ロビネ(アルゼンチン)
ライジングスター:ブレンダ・カスティージョ(ドミニカ共和国) 

大会HP(北中米バレボール連盟)


優勝したドミニカ共和国にはOQTのメンバーが11人いてデラクルス選手も出場しました。
ブラジルとアメリカは完全に育成モードで、おそらく下の世代のチームだと思います。
ブラジルのメンバーに日系人セッターのアナ・チエミ・タカギ選手(身長187cm、フィナザ/オザスコ所属)がいます。
しかし、若いチームでも決勝まで進んでドミニカ共和国とフルセットゲームを演じたブラジルは凄いですね。
キューバは同時期に開催されたアブダビ国際とモントルーバレーマスターズにAチームを出していて、パンアメリカン杯のメンバーにオルティス選手はいますが、その他の選手は知らない選手ばかりです。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/800-d0c9f668