FC2ブログ
21

個人技術ランキング15傑 トップ5(19試合消化時点)

<アタック決定率>
 1位:荒木(東レ)  52.9%
 2位:ジョインズ(トヨタ車体)  50.5%
 3位:西脇(東レ)  49.3%
 4位:先野(久光製薬)  47.0%
 5位:矢野(デンソー)  46.5%

未だ圏外のデラクルス選手は52.90%でここに入ると1位です。(荒木選手は52.86%)


<最多得点>
 1位:パブロワ(久光製薬)  524得点
 2位:ケニー(JT)  440得点
 3位:都築(トヨタ車体)  337得点
 4位:谷口(JT)  326得点 
 5位:デラクルス(東レ)  321得点
-------------- 
13位:荒木  262得点  

途中で合流したデラクルス選手はハイペースで得点を稼いでいますが、残り試合を考えると3位が妥当ですね。


<アタック決定本数>(セット平均)
 1位:パブロワ(久光製薬)  6.17本
 2位:ニコリッチ(武富士)  5.13本
 3位:ケニー(JT)  5.09本
 4位:谷口(JT)  3.74本
 5位:栗原(パイオニア)  3.72本
--------------
13位:木村   3.07本

デラクルス選手は6.21本です。


<ブロック決定本数>(セット平均)
 1位:荒木(東レ)  0.99本
 2位:杉山(NEC)  0.96本
 3位:庄司(パイオニア)  0.88本
 4位:多治見(パイオニア) 0.80本 
 5位:井上(デンソー)  0.73本

デラクルス選手は0.49本で15位に相当。


<サーブ効果率>
 1位:狩野舞子(久光製薬)  17.5%
 2位:板橋(日立佐和)  16.5%
 3位:石田(武富士)  14.8%
 4位:高橋(トヨタ車体)  14.7%
 5位:ニコリッチ(武富士)   13.39%

15位以内にアローズの選手は入っていませんが、チームのサーブ効果率は5位です。


<サーブレシーブ成功率>
 1位:佐野(久光製薬)  80.6%
 2位:櫻井(デンソー)  78.0%
 3位:木村(東レ)  74.5%
 4位:吉田(パイオニア)  74.3%
 5位:狩野美雪(久光製薬)  74.0%
--------------  
 8位:濱口  73.4%

今季アローズで一番サーブを受けているのは芝田選手で2番目が木村選手、3番目がリベロの濱口選手です。

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/718-614bed4b