fc2ブログ
19

V・プレミアリーグ レギュラーR JT戦

東レ 3-1 JT
(25-20、25-27、25-19、25-23)


スタメンに木村選手が復帰し、アローズが14日の借りを返しました。
第2セットも木村選手がスターターのつもりでコートに入ってプレーしていたのですが、2-4の時に記入ミス(木村選手ではなく向井選手の名前を記入)が発覚し、それまでのアローズの得点が取り消されて0-4からリスタートしたそうです。(男子W杯の日本×ブラジルでもありましたね)
そのセットは落としたもののデュースに持ち込みました。
そして、簡単に流れを渡さずに第3、第4セットを取って勝つことができて良かったです。

アローズのアタック決定率は56.1%で決定率の悪い選手はいませんでした。
荒木選手が71.4%、西脇選手が65.0%、デラクルス選手が57.8%、スタメンに復帰した木村選手が43.2%、芝田選手が42.9%、おまけに中道選手は2の2で100%です。
しかし、サーブとブロックとサーブレシーブではJTが上回りました。
ブロックポイントはJTが16本、アローズは5本でした。
今日は勝ったから良いですが、長いリーグ戦は総合力と安定感が必要なので、4強、そして優勝を考えるとできるだけ穴を無くしたいですね。

スタッツを見ると、軽快なフットワークでジャブやボディブローも織り交ぜるJTに対して、アローズは相手のパンチが入ってもKOすることだけを考えてひたすら相手の顔面に強打を打ち続けてガードを打ち破ったハードパンチャーのようです。

明日は6連勝中のデンソーが相手です。
パンチの威力はアローズの方がありそうですが、デンソーはガードが固くカウンターがあるので厄介です。
アローズとしてはなかなかKOできなくて長期戦になったとしても焦らずに我慢して、隙を突かれてパンチを受けないように守備の意識もしっかり持っておきたいところです。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/698-115eb83c