fc2ブログ
08

V・プレミアリーグ レギュラーR シーガルズ戦

東レ 3-0 シーガルズ
(25-15、25-19、25-20)


アローズがホームで白星スタートです。

<開幕戦のメンバー>
スタメン
芝田 荒木 向井

木村 冨田 中道

L濱口

サブ
西脇、大山(未)、佐藤、高田、迫田


今日はTV観戦しました。

セッターは優勝した国体で正セッターを務めた中道選手でした。
サイドはレフトが向井選手と木村選手でライトに芝田選手が入りました。
センターは第10回Vリーグコンビの冨田選手と荒木選手で昨季スパイク賞を獲得した西脇選手はベンチでした。

開幕戦はとても大事で白星スタートと黒星スタートとでは気分的にも全然違うので緊張してガチガチになるものですが、アローズにそういったものは感じらませんでした。
11本のブロックを決めて昨季課題だったブロックを強化した効果が初戦から表れましたね。
接戦での戦い方も課題だったのですが、今日は大崩れせず盤石の戦いぶりで調整が成功したようです。

スパイクでは向井選手と芝田選手が活躍を見せて心強かったです。
全日本に行っていた荒木選手と木村選手はアタック決定率こそ高くはありませんでしたが、荒木選手はブロックを4本決め、木村選手は94.7%のサーブレシーブ成功率を残して要所要所で良い働きをしていました。

明日の武富士戦も今日のようなバレーをして開幕2連勝といきたいですね。
明日は客席で観戦する予定です。
それにしても、加奈選手はアローズでまだベンチ入りできる状態まで回復していないのにW杯のメンバー入りを容認したJVAの責任は重大で本当に日本のバレー界は腐敗し切っていますね。
普通なら十分にプレーできないぐらい故障を抱えている選手は代表に選ばないのですが、常識が通用しないのが今の日本のバレー界です。
所属チームで結果を出しているのにもかかわらず全日本に選ばれていない選手に失礼です。
そして、何よりも加奈選手が可哀想です。
こんな環境の下でバレーをしている選手が気の毒だし、バレーファンも被害者ですね。
視聴率しか頭にないTV局の意向が選手選考にも加わっているのか知りませんが、何もかもクラブチーム化した全日本女子に価値や重みを感じません。
Vリーグチームの方が魅力を感じます。
このところ全日本を見ているとどちらが本当の所属チームか分からなくなってアローズの選手でもアローズから全日本に移籍した感覚になる時があります。

それから、Vリーグのキャッチコピーやポスターの写真などで全日本色を前面に出しているのも疑問に思います。
リーグは代表に通じているのですが、あまりにも安易な発想です。
それに昨季今季のキャッチコピーは長くて頭に残りにくいです。
また、Vリーグの試合後の勝利者インタビューも活躍度より人気度が優先されることが多くて人気者インタビューになっています。
全日本選手でしかお客さんを呼べないリーグは虚しいです。

<他の競技のキャッチコピー>
Jリーグ
 『Will Be 見せたい未来がある』
 (ちなみに、99年~04年は『Join!』、05年~06年は『Amazing,J』)
プロ野球
 『すべては歓声のために』
トップリーグ
 『FOR ALL 日本にはトップリーグがある』
JBL
 『ACTION』
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/655-72e7c706