FC2ブログ
07

W杯 イタリア戦

日本 0-3 イタリア
(18-25、19-25、14-25)


見せ場は第2セットに8連続ポイントを奪ったところぐらいで、地力の差を感じさせられた試合でした。

今のイタリアは前と比べて身長は低くなりましたが、守備もできてまとまりのあるチームになっていて日本のスパイクがことごとく拾われました。
それで、荒木選手が完璧に抑えられて第3セットは庄司選手にスタメンを譲ることになりました。

日本のアタック決定率は28.95%と3割に届かず、16本ものブロックを決められました。
日本は連続ポイントが少なく、第2セットに8連続ポイントで18-17と一時逆転しましたが、そのあとは1点しか取れず結局セットを落としました。
8連続以外のこの試合の連続ポイントは全て2連続(6回)で切れました。
一方、日本のブロックポイントは3点のみでイタリアのアタック決定率は46.46%でした。
まだまだアジアで通用しても世界では通用しないことが多いですね。
思い切った選手交代ができないのもレギュラーと控えの力の差が大きいことを表しているようで辛いところです。

現在日本は3勝2敗の6位で、W杯での北京五輪の出場権獲得は厳しくなりました。
もう1敗もできません。
今度は札幌に移動して9日(金)にペルーと対戦します。


アメリカが好調です。
2セットダウンからブラジルに逆転勝ちして全勝を死守しました。
ブラジルはまたしても3大大会で優勝を逃すのでしょうか?

<順位>
 1位:イタリア  5勝0敗(得点率:1.398)
 2位:アメリカ  5勝0敗(得点率:1.145)
 3位:ブラジル  4勝1敗(得点率:1.287)
 4位:セルビア  4勝1敗(得点率:1.073)
 5位:キューバ  3勝2敗(得点率:1.085)
 6位:日本  3勝2敗(得点率:1.032)
 7位:ポーランド  2勝3敗(得点率:1.111)
 8位:韓国  2勝3敗(得点率:0.944)
 9位:ドミニカ共和国  1勝4敗(得点率:0.872)
10位:ペルー  1勝4敗(得点率:0.830)
11位:タイ  0勝5敗(得点率:0.814)
12位:ケニア  0勝5敗(得点率:0.549)
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/622-34b8b7e6