FC2ブログ
24

女子のアジアクラブ選手権はラハットが優勝

<最終順位>
優勝:ラハット(カザフスタン) 7勝0敗 $3,000
準優勝:サンソム(タイ) 6勝1敗  $2,000
3位:久光製薬(日本) 5勝2敗 $1,000
4位:小白水(北朝鮮) 4勝3敗
5位:ナショナルスポーツトレーニングセンターNo.1(ベトナム) 3勝4敗
6位:大連環宇(中国) 2勝5敗
7位:ガルーダ(インドネシア) 1勝6敗
8位:スキップ(ウズベキスタン) 0勝7敗

VTCと久光製薬がスポンサーだったみたいで大会の別称が『VTCサロンパスカップ』でした。
ラハットの優勝は3年ぶり2度目です。
ラハットにはカザフスタン代表メンバーが、サンソムにはタイ代表メンバーが数多く所属しています。

<個人賞>
VĐV xuất sắc nhất: Yelena Pavlova (13, Kazakhstan)
VĐV ghi nhiều điểm nhất: Nguyễn Thị Ngọc Hoa (9, Việt Nam)
VĐV phát bóng tốt nhất: Thikaow Pleumjit (5, Thái Lan)
VĐV tấn công tốt nhất: Yelena Pavlova (13, Kazakhstan)
VĐV chắn bóng tốt nhất: Nguyễn Thị Ngọc Hoa (9, Việt Nam)
VĐV chuyền hai tốt nhất: Tomkon Nootsara (13, Thái Lan)
VĐV chuyền một tốt nhất: Buakaew Wanna (17, Thái Lan)
VĐV phòng thủ tốt nhất: Sano Yuko (10, Nhật Bản)
Hoa khôi: Anastasia Bezzubtseva (11, Uzebkistan)

何の賞かさっぱり分りませんが、まだ英語の記事は出ていなかったのでベトナム語の記事からコピーしました。
ⅤリーグのHPによると、佐野選手が受賞したのはベストレシーブ賞です。
それから、パブロワ選手が2冠に輝き、タイ代表3選手の名前もありますね。


もちろん久光は2回目の優勝を狙いに行ったと思います。
しかし、成田選手とフォフィーニャ選手、それに小山選手と落合選手が居なかったのが残念です。
賞金が安くてもアジアクラブ選手権はアジア各国のリーグ覇者が集まってアジアNo.1クラブを決める大会で日韓トップマッチよりずっと意味があり、国内リーグも背負っているのでV・プレミアリーグ優勝メンバーで望んでほしかったです。
昨年はVリーグ(現V・プレミアリーグ)優勝のパイオニアは出場せずに準優勝の久光が出場しましたが、これはあり得ない事だと思います。
今後、全日本のメダル獲得だけではなく、Vリーグチームのアジアクラブ選手権優勝も重要課題にしてもらいたいです。
クラブチームやリーグの強化がナショナルチームの強化に繋がります。
クラブチームのようなナショナルチームはダメですが、ナショナルチームのようなクラブチームがたくさん作られれば必ずナショナルチームのレベルも上がります。
それと、今の日本にはアウェー慣れが必要だと強く感じます。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/504-fc6df59b