fc2ブログ
08

熱いギリシャのサポーター

パナシナイコスサポーターの応援風景(女子バレー)


熱いですね。

このパナシナイコスとライバル関係にあるのがオリンピアコスで、両クラブはサッカーやバスケのチームも持っています。

こちらのバレーのダービーマッチ(オリンピアコス×パナシナイコス)には機動隊が配備されています。
それから、こちらのバスケのダービーでは屋内なのに発炎筒が焚かれています。

パナシナイコスのサポーターであれば、「俺には生まれた時から緑色の血が流れているんだ!」と言って当然バレーでもサッカーでもバスケでもパナシナイコスをずっと応援していくのでしょう。

ギリシャでは発炎筒の他、花火を上げたり物を投げたりするのはよく見られる光景だそうです。
日本では考えられませんね。
女性や子供は観戦に行きにくいと思います。
そして、メンタル面が鍛えらるといってもこの重圧なのでアウェーの選手は大変です。
3月末に行われた女子のカップ戦(ダービー)の試合後には、会場から少し離れた場所でサポーター同士が衝突して死者が出るという悲劇があり、ギリシャ国内の全てのスポーツが2週間中断しました。

フーリガンによる暴動が起こり1人が死亡、5人が負傷(AFPBB News )

ダービーはお互いのサポーターが過剰に意識し合って熱くなるので、ちょっとしたことでも大勢のサポーターに波及して大事件に発展する恐れがあります。
詳しいことは分かりませんが、フーリガンのグループがサポーターを暴徒化させるために初めに事件を起こしたのかもしれません。
2月に起きたサッカーのセリエAの暴動もダービーでした。

こういうことが起こる度にスポーツのイメージが悪くなって嫌ですね。
それに試合ができても無観客試合やアウェーサポーター入場禁止などの措置がなさせると選手もサポーターも辛いです。

フーリガンを排除するために会場内と会場周辺の警備を強化して、手荷物検査もしっかりやってほしいです。
あと、応援が激しいので雑踏事故にも十分気を付けてもらいたいです。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/488-bce3a285