FC2ブログ
27

選手を欺く行為

阪神の赤星選手が盗塁数に応じて寄贈している車椅子がネットオークションに出されていたそうです。

この前、ガンバ大阪のHPには『出来る限り、練習後にファンサービスにてサイン・写真等の対応をさせて頂いておりますが、中にはこのサインしたものをネットオークションや会社販売されている方々がいらっしゃいます。サインをもらったものは、個人にて楽しむものとして、選手もひとりひとりにサインをさせて頂いております。今後もこのような状況が続くようであれば、サイン対応そのものも考えなければいけない状況になりかねません。すべての人々がそうではないのに、少人数の人々の為に、障害が起きることは出来る限り避けたいところであります。』とありました。

バレーの場合もよくサイン色紙やサインボールがネットオークションに出されていて、人気選手の物となると開始価格が1万円を超えています。
そして、一人の出品者がいくつも出品していることもあります。
僕はあまりサインに執着はないので選手がサインをしなくなったとしてもプレーが観られればそれで良いですが、お金儲けのためにサイン入りグッズを譲り受けたり、ファンになりすましてサインをもらったりするのは許し難いです。
これは選手に対する詐欺行為ですね。
選手がお金儲けの道具にされ、ダダで働かされているかのようで気の毒です。
そういう人たちは今度から正々堂々と「ネットオークションで儲けたいのでサイン下さい。」と言いましょう。
または協会か所属チームとサイン入りグッズ販売の交渉をして下さい。
スポンサーサイト



comment

-
このコメントは管理者の承認待ちです
2007.05.07 22:25

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/454-dae8bc3c