fc2ブログ
23

リーグ順位&個人技術R15傑トップ3(24試合消化時点)

<リーグ順位>
 1位:久光製薬  17勝7敗(セット率1.73)
 2位:JT  17勝7敗(セット率1.46)
 3位:武富士  17勝7敗(セット率1.35)
 4位:パイオニア  16勝8敗(セット率1.40)
--------------------- 
 5位:NEC  14勝10敗(セット率1.29)
 6位:シーガルズ  10勝14敗(セット率0.86)
 7位:デンソー  10勝14敗(セット率0.79)
 8位:東レ  9勝15敗(セット率0.89)
 9位:トヨタ車体  5勝19敗(セット率0.50)
10位:日立佐和  5勝19敗(セット率0.50)

上位3チームの勝率が同じで首位争いが激しさを増しました。
レギュラーR1位のチームにはアジアクラブ選手権の出場権が与えられます。
現在4強入りが決定しているチームはまだ無く、5位のNECまで4強の可能性が残っています。
アローズは6位を目指すしかありません。
4強に残れなければ5位も8位も同じですが、それでも高い順位の方が気分が良いですね。
トヨタ車体と日立佐和は入れ替え戦行きが決定しました。


<アタック決定率>
 1位:多治見(パイオニア) 48.9%
 2位:先野(久光製薬) 48.7%
 3位:西脇(東レ) 48.6%
------------
 9位:荒木 41.9%

<最多得点>
 1位:ケニー(JT) 691得点
 2位:エステス(武富士) 656得点
 3位:フォフィーニャ(久光製薬)  545得点
------------
 6位:木村 405得点
15位:荒木 323得点


<アタック決定本数>
 1位:ケニー(JT) 618本(101セット)
 2位:エステス(武富士) 593本(101セット)
 3位:フォフィーニャ(久光製薬) 485本(88セット)
------------
 6位:木村 367本(100セット)

<ブロック決定本数>(セット平均)
 1位:井上(デンソー) 0.92本
 2位:杉山(NEC) 0.83本
 3位:飯田(日立佐和) 0.83本
------------
 5位:荒木 0.71本

<サーブ効果率>
 1位:船崎(トヨタ車体) 14.4%
 2位:足立(武富士) 13.6%
 3位:及川(トヨタ車体) 13.6%
------------
10位:荒木 12.2%

<サーブレシーブ成功率>
1位:井野(日立佐和) 84.6%
2位:佐野(久光製薬) 81.5%
3位:櫻井(デンソー) 81.3%
------------
5位:濱口 79.4%
9位:木村 76.1%

スパイク賞は僅差の争いとなっていて、まだどうなるか分かりません。
西脇選手に頑張ってもらいたいです。
得点王は今季も外国人選手が争っています。
ケニー選手が決定的ですね。
ブロック賞も井上選手が濃厚です。
サーブ賞は船崎選手が有力です。
サーブレシーブ賞は井野選手が2年連続の受賞となりそうです。

VリーグのHPにも個人賞の行方展望が出ています。

新人賞は数字だけを見ればトヨタ車体の都築選手かデンソーの矢野選手といったところですが、今季も4強チームからの選出になるのでしょうか?
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/425-605bf548