FC2ブログ
03

V・プレミアリーグ レギュラーR 日立佐和戦

東レ 1-3 日立佐和
(21-25、23-25、25-19、18-25)


スタメンセッターは中道選手でした。
それと、高田選手が第3セットからスタメンで、冨田選手が第4セットのスタメンでした。

サーブレシーブ成功率は75.6%と良かったのですが、その他がもう一つで日立佐和の粘りのバレーに屈したようです。
今日もブロックで大きな差が付いています。
そして、サーブで相手を崩すことができませんでした。
それで、センターのアタック決定率が高いですが、打数が多くありません。
逆に打数の多かったサイドが抑えられています。

痛い黒星を喫してしまいましたが、負けに不思議の負けはないと思うので、この敗戦をしっかり受け止めて立て直してほしいです。
明日はシーガルズ戦です。
負けた次の試合だし、来週の3連戦を考えてもとても大事な試合になります。


今日の女子の14時開始の3試合は全てフルセットにもつれ込みました。
上位のJT×久光(3-2)と武富士×パイオニア(3-2)も熱戦が繰り広げられていますが、トヨタ車体×シーガルズ(3-2)の第1セットのスコア(39-37)は凄いですね。
しかし、第1セットと第3セット以外は一方的だったみたいです。


ところで、関西ローカルの『はらぺこ亭』に柳本監督が出演していました。
それで、これまでよく聞いた「当初、協会が吉原選手と竹下選手と高橋選手の招集を反対していたこと」や「女子選手の扱いは難しいこと」や「猫田さんのこと」などを話していました。
そして、“試合の流れ”の話になって・・・

柳本監督
 『(バレーの)怖さを知っている奴がそこにおらんと(あかん)。』
トミーズ雅
 『そう考えると、高橋・竹下っちゅうのは欠けたらダメですね。』
柳本監督
 『もう絶対ダメですね。』
 『アテネの時は何で吉原が必要だったか言うたら、シドニー負けたおかげで吉原と成田、この2人だけが五輪経験者なんですよ。あとの十人は初出場なんですよ。でもそのメンバーが今何人か居ますから。竹下・高橋中心に・・・。やっぱりキャリアというのは非常に大事なもんなんですよね。』

と語っていました。

北京五輪後の事を考えると、早く竹下選手や高橋選手を脅かす選手が現れないと困りますが、やはり良い事も悪い事も経験しているベテランの存在は大きいですね。

ちなみに今回の料理は、京都にある創業134年の三嶋亭の“すき焼き”で、一口でいけないぐらい肉が大きくて美味しそうでした。
柳本監督は肉をほお張って「初めてこんなん。」と感激していました。
W杯で良い成績を挙げたら選手にご馳走してあげて下さい。

それから、ゲストが“おすすめの一品”を紹介するコーナーではジャンルプランの『チーズ自慢』を紹介していました。
選手に差し入れしているそうです。
スポンサーサイト



comment

fmGIG
京都のミニFM局、エフエム・ギグと申します。私たちはバラエティに富んだ番組を発信していますが、そのひとつに東レ・アローズを応援している番組があります。放送日は毎週水曜日の夜9:00~11:00からの生放送で、番組名は「ムーンライト・ブレイクスヨイル」といいます。チームの皆様のご協力で、先週の京都大会の時に取材と、向井、芝田、木村、各選手にミニインタビューもさせていただきましたので、そちらも順次オンエアしていってます(向井選手はオンエア済みです)。なお、インターネットでも生放送していますので、もし、よければ一度アクセスしてみてください。アクセス方法は、URLからどうぞ。
2007.02.04 04:23
AZZURRO
fmGIGさん、初めまして。
番組のご紹介ありがとうございます。
選手がどんなことを語ったか気になります。
これからもアローズを宜しくお願いします!
2007.02.04 20:08

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/389-c7408f4a