FC2ブログ
14

V・プレミアリーグ レギュラーR NEC戦

東レ 3-2 NEC
(17-25、25-19、18-25、25-21、15-13)


第1セットのスタメンは昨日と同じでした。
第2セットからは芝田選手に代わって高田選手、第3セットからは佐藤選手に代わって向井選手がスタメン出場しました。

アローズは昨季だと少々サーブレシーブが乱れたり、ブロックやサーブでポイントが取れなくてもスパイクで何処からでも点を取っていましたが、今季は昨季のようにはいかないので他の部分でカバーしていかなければなりません。
そんな中で、やはり決まればチームが勢い付いて連続得点に繋がるブロックとサーブが重要ですね。
今日は第4セットと第5セットに効果的なブロックが出ていました。
それから、サービスエース5本のうち4本が第4セットに出て、あと1本は第5セットの5連続ポイントの中にありました。


第1セットは勿体ない失点が目立ちました。
そして、アローズにブロックポイントが無く、逆にブロックポイントを多く与えてしまいました。
第2セットはいきなり西脇選手のブロックが飛び出して良いスタートが切れました。
連続失点も少なく、NECはミスが目立ち始めました。
第3セットは序盤に相手のブロックやアローズのミスで5連続失点を喫してしまいました。
トスも単調になって、その途中にセッターを未希選手から中道選手に代えました。
その後は踏ん張ったのですが、巻き返すことはできませんでした。
第4セットは途中から追う展開になり、16-18の場面から3連続ポイントで19-18と逆転しましたが、続く西脇選手のスパイクはアウトの判定(リプレイではインでした)になってまた同点とされます。
しかし、アローズの気持ちは切れることなく、良い所で西脇選手のブロックがあり、最後は高田選手のサービスエースでセットを取りました。
NECは大事な所でミスが出てしまいました。
15点勝負の第5セットは連続ミスで0-3と出遅れました。
しかし、1-4からサービスエース1本とブロック2本と相手ミス2つで5連続ポイントとなり逆転に成功しました。
直後にまた1点リードされたもののすぐに逆転して一進一退の展開になりました。
そしてアローズは相手に連続ポイントを与えずに逃げ切り、昨日に引き続いて逆転勝ちを収めて3勝2敗と白星が先行しました。


TV的には先の読めない試合で面白かったかもしれません。
しかし、チームやファンにとってはハラハラする試合でした。
とても力が入って、風邪のせいもあってか試合が終わった瞬間に顔がぽかぽか温かくなってきました。

それにしても、高田選手が成長しましたね。
ブロックとサーブでも勝利に貢献しました。
向井選手も流石と思える救援ぶりでした。
心強い存在です。
2人とも公式記録以上の活躍に見えました。
芝田選手は右の上腕部にテーピングを巻いていました。
ちょっと心配です。

一方のNECは仁木選手が活躍していましたね。
仁木選手はブロックカーやレシーバーを嘲笑うかのように様々なスパイクを打ってくるクセ者なので嫌な相手です。

次は東北で20日(土)にシーガルズ、21日(日)に久光製薬と対戦します。
上位との対戦ですね。
20日は菅野監督の故郷である福島での試合です。
それから、山形での久光戦はGAORAで中継があります。
スポンサーサイト



comment

ピグ携帯
こんにちは。まさに その通りでした。応援してて、苦しいぐらいになりました。紙一重の勝利だったと思います。サーブは本当に重要なポイントですよね。
それとJT戦では、熊田コーチと八王子実践の生徒、狩野舞子選手も応援に来てくれていました。マリさんの応援ではないかなと思います。
福島、山形もともに頑張りましょう。
2007.01.16 03:02
AZZURRO
ピグレットさん、応援お疲れ様でした。
追い込まれてから強いのがアローズですよね。
接戦での連勝は大きいと思います。それと、狩野選手の進路が気になりますね。
次も西から氣を送ります!
2007.01.16 20:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/374-5928351a