fc2ブログ
17

世界選手権(女子) 3位決定戦&決勝戦


会場は第12回Vリーグのセミファイナルでアローズが悔しい思いをした大阪市中央体育館です。

3位決定戦
セルビア・モンテネグロ 3-0 イタリア
(25-22、25-22、25-21)

Match result(PFD)

Match players ranking(PFD)

ハイライト動画(DOGATCH)

最後の世界選手権で国にメダルを持ち帰ろうとモチベーションの高いセルビア・モンテネグロに対して、イタリアは連覇しか狙っていなかったので気が抜けてしまっているように感じました。
本当にどっちがディフェンディングチャンピオンか分からないぐらいでした。


国歌演奏。


前回の覇者・アズーレ


スパイクを打つチェントーニ選手。


セルビア・モンテネグロのスパソイエビッチ選手のジャンプサーブは縦に落ちたり、スライド回転して横に曲がったりして強烈でした。


イタリアのサーブがアウトになり、セルビア・モンテネグロの3位が決定した瞬間。


控え室に戻るエレナ選手。
おめでとう!!


試合後選手席で決勝戦を観ていたエレナ選手。
Come to Japan again!
決勝戦
ロシア 3-2 ブラジル
(15-25、25-23、25-18、20-25、15-13)

Match result(PFD)

Match players ranking(PFD)

ハイライト動画(DOGATCH)

レベルの高い価値のある試合で、どちらが優勝してもおかしくありませんでした。
そして、独特の雰囲気があって観ている方も緊張しました。

ロシアはアテネ五輪で為し得なかった世界一を世界選手権で達成しました。
ブラジルは得点ではロシアを上回ったのですが、あと少しの所で3セットを取れずに3大大会初制覇を逃してしまいました。
FIVBランキング1位は間違いなさそうですが、昨年からあらゆる大会で優勝してきて、今大会も優勝候補の筆頭だっただけに悔やんでも悔やみ切れないと思います。
しかし、ブラジルはロシアと同様にこの悔しさを糧にして更に強くなることでしょう。



国歌演奏。


202cm(公称)のガモワ選手とメルクロワ選手を筆頭に長身選手が揃うロシア。


スパイクを打つジャケリネ選手。


試合は運命のファイナルセットへ。


互いに譲らず一進一退の攻防が続きました。


優勝が決まって抱き合うロシアと優勝を逃して頭を抱えるブラジル。


記念撮影する新王者のロシア。

ロシアも最後は向こう側のコートでした
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/322-313aee78