FC2ブログ
06

世界選手権(女子) 第1次R C組 最終日

昨日、グリーンアリーナ神戸に行って来ました。


階段に“はばタン”の絵が描かれていて国体の余韻が残っていました。
アローズは来年の3月11日(第13回Vリーグ)にココでJTと対戦します。

しかし、ブラジルやアメリカの試合があってもVリーグ時のグリーンアリーナ神戸より観客が少なくて、全日本の試合とはかなりのギャップがあったのですが、雰囲気は悪くなかったし、素晴らしいプレーをたくさん見ることができました。
また、Vリーグにゆかりのあるアメリカのハニーフ選手、スコット選手、クロフォード選手、オランダのアビダル・セリンジャー監督が出場していて、Vリーグファンとして嬉しかったです。
フールマン選手もオランダチームに帯同していました。


第1試合
ブラジル 3-0 カメルーン
(25-13、25-14、25-8)

Match result (PFD)

Match players ranking(PFD)



ブラジルは1人1人の個人技が高く、ジャケリネ選手とシェイラ選手が控えでもカメルーンを寄せ付けませんでした。
少々体勢が悪くてもスパイクを決められるし、ブロックも良かったです。
それから、一般的にセッター以外がトスを上げる時は大体レフトに上げるのですが、ブラジルのセンターがバックセンターにトスを上げる場面が1回ありました。
物凄い攻撃力です。

しかし、ブラジルの控えはジャケリネ選手とシェイラ選手の2人だけでした。
ケガ人が出たのでしょうか?
シェイラ選手も右肩にテーピングをしていました。
サッサ選手はユニフォーム姿だったのですが、試合ではベンチに入っていませんでした。


ジャケリネ選手とシェイラ選手は同い年で仲が良さそうでした。
レナタ選手は格闘家みたいです。


タイムアウト時にカロリナ選手にトスの指導するギマラエス監督。


ブラジルの熱いサポーターが30人ぐらい駆けつけていて、サッカーのように太鼓を叩きながら歌を歌って応援していました。


試合後にヴァルくんと記念撮影するレナタ選手、カロリナ選手、ジャケリネ選手。


カメルーンはヌコット選手(1)が頑張っていたのですが、全体的にミスが目立ちました。

第2試合
アメリカ 3-0 プエルトリコ
(25-14、25-16、25-15)

Match result (PFD)

Match players ranking(PFD)



アメリカとアメリカ領のプエルトリコとの対戦になりましたが、アメリカは高さも技術も兼ね備えていました。
それでサウスポーのメトカフ選手の活躍が目立ちました。
ハニーフ選手も角度のあるスパイクを決めていました。


試合後にサインをするメトカフ選手。


ハニーフ選手の高さはアメリカチームに入っても目立ちます。


プエルトリコは決定力がなくてミスも多かったです。
でも、これから強くなりそうな予感のするチームでした。



第3試合
オランダ 3-2 カザフスタン
(25-18、27-29、25-18、22-25、15-13)

Match result (PFD)

Match players ranking(PFD)





接戦となったFIVBランキング16位同士のこの試合が一番面白かったです。
一部オランダとカザフスタンのサポーターがいたのですが、一般の観客からもオランダコールとカザフスタンコールが沸き起こって盛り上がりました。

両チームともブロックが良かったです。
勝負を分けたのはサーブ力とここ一番の集中力だと思います。
それと、カザフスタンは軟攻に対応できていませんでした。


タイムアウト時のオランダ。


円陣を組むカザフスタン。


勝利して喜ぶオランダ。


オランダのアビダル・セリンジャー監督。
選手交代を多用していました。


元・久光製薬監督のアビダル・セリンジャー監督率いるオランダを応援しに来ていた久光の選手たち。(第13回Vリーグではお手柔らかにお願いします)
父親のアリー・セリンジャー氏もかつてダイエーを指揮していました。


フールマン選手もパイオニアの前は久光にいました。
よく病気を克服してここまで戻ってきました。


昨年のアジア選手権の準決勝で日本を破って2位になったカザフスタンはC組5位で敗退しましたが、良いチームでした。
来月のアジア大会の予選リーグでも日本と同じ組に入っているようです。
日本はブロックに注意しなければなりません。
それから、カザフスタンはパブロワ選手が引っ張っていますが、カルポワ選手のブロードも決定力がありました。
あと、サーブレシーブがダイレクトで相手コートに返りそうになるとセッターのイシムチェワ選手がネットに背中を向けた状態で巧くツーを決めていました。
それが4回ぐらいあったと思います。


試合後にみんなで記念撮影。


カザフスタンのキャプテンでエースのパブロワ選手。
第1次Rのベストスコアラー。(101得点)


<C組 順位>
1位:ブラジル  勝点10(5勝0敗)
2位:アメリカ  勝点9(4勝1敗)
3位:オランダ  勝点8(3勝2敗)
4位:プエルトリコ  勝点7(2勝3敗)
――――――――――――――――――――――
5位:カザフスタン  勝点6(1勝4敗)
6位:カメルーン  勝点5(0勝5敗)
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/304-097e09a4