FC2ブログ
29

2006年世界選手権 全日本女子


JAPAN


FIVBランキング:7位
オリンピック優勝:2回(64、76) W杯優勝:1回(77) 世界選手権優勝:3回(62、67、74) 

2006年の成績(9勝13敗)
 モントルーバレーマスターズ:6位/8チーム(2勝3敗)
 イタリア国際大会:3位/4チーム(2勝3敗)
 WGP予選R:6位/12チーム(5勝4敗)
 WGP決勝R:6位/6チーム(0勝3敗)


<監督> 
柳本 晶一(Shoichi YANAGIMOTO) 
    51.6.5生  就任4年目
     <主要大会の成績>
      03年 WGP:9位 アジア選手権:2位 W杯:5位
      04年 アテネ五輪世界最終予選:1位  WGP:9位 アテネ五輪:5位(ベスト8)
      05年 WGP:5位 アジア選手権:3位 グラチャン:5位
      06年 WGP:6位

<選手>
  竹下 佳江(Yoshie TAKESHITA)  “テン”
   78.3.13生 159cm セッター JT
   全日本=97、00~01、03~   
    グラチャン(01、05)、W杯(03)、五輪(04)

 5 高橋 みゆき(Miyuki TAKAHASHI)  “シン” 
   78.12.25生 170cm ウイングスパイカー ヴィチェンツァ(NECから派遣)
   全日本=00~   
    グラチャン(01、05)、世界選手権(02)、W杯(03)、五輪(04)

 6 菅山 かおる(Kaoru SUGAYAMA)  “カオル”、“ユウ” 
   78.12.26生 169cm ウイングスパイカー/リベロ  JT
   全日本=05~
    グラチャン(05)

 7 宝来 眞紀子(Makiko HORAI)  “マホ” 
   79.1.6生 187cm ウイングスパイカー JT
   全日本=98~01、03、05~   
    世界選手権(02)、W杯(03)、グラチャン(05)

 9 杉山 祥子(Sachiko SUGIYAMA)  “スギ” 
   79.10.19生 184cm ミドルブロッカー NEC
   全日本=00~  
    グラチャン(01、05)、世界選手権(02)、W杯(03)、五輪(04)

10 高橋 翠(Midori TAKAHASHI)  “ミドリ”
   80.3.10生 172cm セッター トヨタ車体
   全日本=06 

11 荒木 絵里香(Erika ARAKI)  “エリカ”
   84.8.3生 186cm ミドルブロッカー 東レ
   全日本=04~  
    グラチャン(05)

12 木村 沙織(Saori KIMURA)  “サオリ”
   86.8.19生 184cm ウイングスパイカー 東レ
   全日本=03~   
    W杯(03)、五輪(04)、グラチャン(05)

14 小山 修加(Shuka OYAMA)  “ワンジョ”
   80.9.25生 182cm ウイングスパイカー 久光製薬
   全日本=06

15 落合 真理(Mari OCHIAI)  “マリ”
   82.1.4生 178cm ウイングスパイカー 久光製薬
   全日本=98、01、06 

16 井野 亜希子(Akiko INO)  “セイ”  
   86.9.28生 168cm リベロ 日立佐和
   全日本=06

17 石川 友紀(Yuki ISHIKAWA)  “ユキ”
   87.4.26生 180cm ミドルブロッカー 武富士
   全日本=06


※プロフィールの説明
背番号 名  前(ローマ字表記) “ニックネーム”
    生年月日(19**) 身長 ポジション 所属チーム
    全日本選出歴    
     4大大会(五輪、W杯、世界選手権、グラチャン)出場歴


<試合日程>
第1次ラウンド A組 @国立代々木競技場第一体育館
 10月31日(火) 
  vs チャイニーズタイペイ   ●1-3
 11月 1日(水)
  vs コスタリカ   ○3-0
 11月 3日(金)
  vs ケニア   ○3-0
 11月 4日(土)
  vs 韓国   ○3-1
 11月 5日(日)
  vs ポーランド   ○3-1

→A組2位
  
第2次ラウンド E組 @名古屋レインボーホール
 11月 8日(水)
  vs キューバ   ●1-3
 11月 9日(木)   
  vs トルコ   ○3-1
 11月11日(土)   
  vs セルビア・モンテネグロ   ○3-2
 11月12日(日) 
  vs イタリア   ●0-3

→E組4位
 
決勝ラウンド 5位-8位決定戦 @大阪市中央体育館
 11月15日(水) 
  vs オランダ   ○3-1
 11月16日(木)
  vs 中国   ●0-3
 

結果=6位 

個人賞
 MVP&ベストセッター:竹下

レギュレーション
◆第1次R(リーグ戦)
1回戦総当たりのリーグ戦を行ない各組上位4チーム(計16チーム)が第2次Rへ進出。
  A組&D組の上位4チームがE組へ
  B組&C組の上位4チームがF組へ

◆第2次R(リーグ戦)
第1次Rの成績が持ち越される。
各チーム4試合を行なうが、第1次Rで対戦したチームとは当たらない。
各組上位6チーム(計12チーム)が決勝Rの順位決定戦へ進出。
  各組1位&2位が決勝R1位-4位決定戦へ
  各組3位&4位が決勝R5位-8位決定戦へ   
  各組5位&6位が決勝R9位-12位決定戦へ

※リーグ戦の順位決定方式は、勝ち点(勝ち2点、負け1点、棄権0点)、得点率(得点÷失点)、セット率(得セット÷失セット)、当該チーム同士の対戦成績の順。

◆決勝R(トーナメント)
たすき掛けのトーナメントで最終順位を決定。
          

<リンク>
日本バレーボール協会(JVA)
国際バレーボール連盟(FIVB)
世界選手権公式サイト
TBS
日刊スポーツ


スポンサーサイト



comment

サイモン
の練習試合の結果は1:3で東レが勝利のようです。
みきさんのBBSにカキコされてました。
2006.10.29 22:21
AZZURRO
サイモンさん、情報ありがとうございます。
早くアローズの試合が観たいです。
その前に世界選手権ですね。
セルビア・モンテネグロのエレナ選手にも頑張ってほしいです。
2006.10.29 23:36

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/288-9ec311cf
注目の女子世界バレーが開幕→