fc2ブログ
18

国体滋賀県代表決定戦

東レ2-0くれぱす
(25-8、25-8)


スタメン
セッター:大山(未)、ライト:高田、レフト:向井、迫田、センター:西脇、和田、リベロ:濱口

サブ
中道、佐藤

芝田選手と冨田選手と東山選手は練習着姿でコートの後方にある椅子に座って試合を観ていました。


今日が僕にとって初めての東レ体育館でしたが、東レの敷地が物凄く広くて西門を見つけるのに苦労して、試合開始ギリギリに体育館に入ったので40分くらいしか体育館にいませんでした。
「これがアローズが日々練習に励んでいる体育館かぁ~。」と感動に浸っているとあっという間に試合が進んでいました。
だから、1つ1つのプレーを詳細には記憶していないのですが、高田選手と迫田選手と和田選手の活躍が目立ち、中でも迫田選手が一番良いように映りました。
高い打点から力のあるスパイクを次々に決めていました。
迫田選手も和田選手もだいぶチームに馴染んできたようですね。
それから、試合の最初の方は未希選手とセンターのコンビが合わないことが多かったのですが、最後の方は落ち着いていました。

この結果アローズは滋賀県代表として8月19日、20日に和歌山ビッグホエールで行なわれる国体近畿予選に出場することが決まりました。
ぜひそこで優勝して兵庫国体に来てほしいです。

帰りに駅からバスに乗って家に向かっていると、洲本市招待バレーを終えて帰ってきた久光のバスとすれ違いました。


◎ここからは話がバレーから逸れます◎
W杯の日本×クロアチアは夜10時からだし、そのまま滋賀から帰るのも何なので少しだけ京都を観光してきました。

まず京都御苑に行ったというか辿り着きました。(メチャクチャ広かったです)
その後鴨川沿いを南に歩いて行ったのですが、風が心地良かったです。
そして、歩きに歩いて清水寺に行きました。(おみくじで大吉を引きました)
清水寺は小学校の修学旅行以来で懐かしかったです。

まだまだ”和の素晴らしさ”を全て分かったわけではありませんが、修学旅行で連れて行かれた小学生の時よりも、自分の意志で行った今回の方が”和の素晴らしさ”を感じることができました。
それと、京都には各国から多くの外国人が観光に訪れていて日本の文化を誇りに思いました。

八坂の塔
奥に見えるのが『八坂の塔』(法観寺)です。

清水寺1
清水寺から見た京都の町並みです。

清水寺2
有名な『清水の舞台』です。

清水寺3
緑と朱色がよく合いますね。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/209-c45de3c4