--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

V・プレミアリーグ レギュラーR(第3レグ) JT戦

東レ 0-3 JT
(27-29、20-25、23-25)


スタメン
S:田代、R:迫田、L:小平・峯村、C:荒木・二見
リベロ:濱口

第2セットはスタメンセッターが中道選手でした。
それから、峯村選手に代わって高田選手が第2セットからスタメン出場しました。
第3セットは小平選手に代わって峯村選手がスタメンに戻りました。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:32.2%  JT:41.0%
キルブロック
 東レ:7本  JT:5本
サービスエース
 東レ:3本  JT:4本
サーブ効果率
 東レ:9.2%  JT:12.4%
サーブレシーブ成功率
 東レ:62.5%  JT:68.3%
ミスによる失点
 東レ:22点  JT:23点


アローズのストレート負けは第2レグの久光戦に続いて今季2度目で、JTのストレート勝ちも第1レグのパイオニア戦に続いて今季2度目です。

アローズは決勝R進出には1勝1敗のペースで十分だと思いますが、不安定で今日のような試合をすることもあるのでまだ安心できませんね。

昨日と違って今日はセンターのアタック決定率が高く、荒木選手が61.5%でキルブロックは4本決めて迫田選手の合計13得点に次ぐ合計12得点を挙げました。
二見選手も54.5%の決定率をマークしました。
しかし、サイド陣が総崩れで決定率が全員30%を切っています。
そして、チーム全体のスパイクミスによる失点がJTの8点よりも多い12点ありました。

JTのヤネヴァ選手には50.0%の決定率を残され、キルブロック1本と合わせて両チーム最多の23得点を取られました。
サーブレシーブ成功率も76.9%ありました。
それと、吉澤選手に代わって第2セットの頭から出場した石井選手に46.7%の決定率をマークされました。
谷口選手の決定率は31.0%だったもののアローズのサイドに比べれば高く、更にサービスエースが3本ありました。


来週はVリーグ女子の試合が組まれていません。
アローズにとって良いタイミングでのタイムアウトだと思います。
次は石川県でのホームゲームとなり、23日(土)にパイオニア、24日(日)にはシーガルズと対戦します。



<現在の順位>
1位:NEC  14勝4敗(セット率:1.68)
2位:久光製薬  14勝4敗(セット率:1.66)
3位:シーガルズ  12勝6敗
4位:東レ  11勝7敗
5位:トヨタ車体  8勝10敗
6位:デンソー  6勝12敗
7位:JT  4勝14敗
8位:パイオニア  3勝15敗

NECがトヨタ車体を3-1、久光がデンソーをストレートで下しました。
シーガルズはパイオニアに1-3で敗れました。
勝ったパイオニアは今季初の連勝です。
スポンサーサイト

comment

ピグレット
こんにちは。
自分も大阪大会に行っていましたが、あれだけ土日でチームが変わってしまうのは、うーん。
ほんとにいいインターバルと思って、次の石川大会で連勝してほしいですね。
2013.02.13 20:50
AZZURRO
>ピグレットさん

負けるにしてもストレートは予想外でした。
順位を上げるためには隙を無くしていかないといけませんね。
JTにストレート負けしたことや次に対戦するパイオニアが今季初めて連勝したことを考えると、今週末は試合が無くて良かったです。
2013.02.14 22:12
たか
>管理人様へ

はじめまして、北海道在住のバレーファンです。


1998年の世界選手権で大懸(成田)選手にはまり、それ以降バレーファンです。

東レアローズファンになった10回Vリーグの時でありました。

前年の主力が抜けたにも関わらず(熊前、木村選手)一致団結して頑張っているアローズ選手に心をうたれて以降ずっとアローズファンです。(西脇選手が大好きでした。)

(最近はNECも準じて好きですが。)

管理人さんの観戦レポートや記録は遠隔地に住む私にとっては非常に有り難く、いつも拝見させて貰っています。

それでは失礼します!

>ピグレットさん

お久しぶりです。
近江あかり選手は凄すぎですね。

二段トスを打ちぬく力は勿論、ピグレポに書いてありましたが、スパイクレシーブを上げる際、あそこまでボールを高く上げれる技術には脱帽します。
2013.02.19 21:52
AZZURRO
>たかさん

初めまして。
コメントありがとうございます。
素人のブログですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

成田選手は旭川の出身でしたね。
自分は佐伯選手の影響でユニチカが一番お気に入りのチームになり、全体移籍によってアローズのファンになりましたが、実際にVリーグの試合に足を運ぶようになったり、試合があるごとに経過や結果をチェックするようになったのは第10回Vリーグからです。
第10回Vリーグのアローズは決勝戦2試合のセット率で惜しくも初優勝には届きませんでしたが、若い選手が多い中で粘り強く大健闘しましたね。
西脇選手はその後で冨田選手や荒木選手が抜けた時に穴を埋めてくれましたね。
2013.02.20 23:43

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1777-431acd7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。