--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29

チーム技術ランキング(第2レグ終了時点)

<アタック決定率>
1位:久光製薬  39.4%
2位:シーガルズ  37.68%
3位:NEC  37.67%
4位:東レ  37.3%
5位:トヨタ車体  36.0% 
6位:パイオニア  35.5%
7位:デンソー  34.9%
8位:JT  33.6%

<バックアタック決定率>
1位:トヨタ車体  44.8%
2位:久光製薬  33.2%
3位:デンソー  30.2%
4位:パイオニア  30.1%
5位:NEC  29.2%
6位:東レ  27.6%
7位:JT  25.6%
8位:シーガルズ  18.4%

<アタック決定本数>
1位:久光製薬  914本(61セット)
2位:NEC  877本(57セット)
3位:シーガルズ  848本(57セット)
4位:トヨタ車体  832本(57セット)
5位:東レ  831本(57セット)
6位:パイオニア  796本(57セット)
7位:デンソー  793本(58セット)
8位:JT  752本(54セット)



<ブロック決定本数>(セット平均)
1位:東レ  2.81本
2位:NEC  2.49本
3位:久光製薬  2.43本
4位:シーガルズ  2.30本
5位:デンソー  2.03本
6位:トヨタ車体  1.91本
7位:パイオニア  1.86本
8位:JT  1.48本

<サーブ効果率>
1位:久光製薬  12.6%
2位:デンソー  12.4%
3位:JT  10.9%
4位:東レ  10.6%
5位:シーガルズ  10.3%
6位:NEC  10.1%
7位:パイオニア  9.9%
8位:トヨタ車体  8.8%

<サーブレシーブ成功率>
1位:トヨタ車体  67.0%
2位:久光製薬  66.7%
3位:東レ  66.5%
4位:JT  65.6%
5位:NEC  60.2%
6位:デンソー  60.1%
7位:パイオニア  58.3%
8位:シーガルズ  57.8%


スパイクとサーブのミスによる失点の確率をそれぞれ計算してみると、アローズのスパイクミス率は6.0%でJTの6.8%に続いてワースト2位です。(一番確率が低いのがシーガルズで3.9%)
ただ、第1レグが6.9%、第2レグが4.9%と改善しました。
サーブミス率は7.3%で、12.4%のJT、7.6%のパイオニアに続いてワースト3位となっています。(ここもシーガルズが5.5%と一番確率が低いです)
アローズのサーブミス率をレグ別で見ると、第1レグが6.7%だったのに対して第2レグでは8.0%と悪化しました。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1772-9878c122
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。