--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

全日本選手権 ファイナルR 決勝戦

東レ 1-3 久光製薬
(25-17、23-25、22-25、19-25)


スタメン
S:中道、R:迫田、L:高田・小平、C:荒木・二見
リベロ:濱口


第1セットは6-6から迫田選手のバックアタック、小平選手のスパイク、相手のスパイクミスで3連続得点、9-7からは小平選手のスパイク、高田選手のキルブロック、迫田選手のスパイク、相手のスパイクミス2本、二見選手のクイックとキルブロックで7連続得点をして16-7と大きくリードしました。
直後に岩坂選手のクイックと長岡選手のスパイクで2連続失点しましたが、19-12から小平選手のスパイク、二見選手のブロード、小平選手のキルブロックで3連続得点をしました。
直後に石井選手のスパイク、長岡選手のキルブロックとスパイクで3連続得点を返されたものの中盤の意外な大量の連続得点が効き、久光に公式戦2連敗中のアローズがセットを先取して面白い展開になりました。

第2セットはお互いに3連続得点以上は入りませんでした。
4-4から新鍋選手の強打と軟攻、7-8から石井選手のスパイク、そして岩坂選手のサーブで崩されてアローズがドリブルを取られ、8-10からも平井選手のクイックとライトからのブロックアウトで2連続失点をして8-12とじわじわと差を広げられました。
10-14から小平選手のスパイクと相手のスパイクミスでアローズにこのセット初めての連続得点が入ると、12-15からも二見選手のブロードと迫田選手のスパイクで2連続得点を取って14-15と1点差に迫りました。
直後に新鍋選手のスパイクと岩坂選手のキルブロックで2連続失点をしましたが、17-20から荒木選手のブロードと小平選手の1枚でのキルブロック、20-22からも迫田選手のバックアタックと中道選手のサービスエースで2連続得点をして22-22と同点に追い付きました。
しかし、相手のサーブミスがあって23-23となった場面でサーブミスのお返しをしてセットポイントを握られ、最後は長岡選手にスパイクを決められてセットを落としました。
2連続得点はアローズが4回、久光が5回でした。

第3セットは2-3から荒木選手のクイックと抑え込み(迫田選手のネットインサーブに対する相手のサーブレシーブが長くなる)、迫田選手のサービスエース、高田選手のスパイクで4連続得点を取って6-3とリードしました。
しかし、7-4から石井選手のスパイクとアローズのスパイクミスで2連続失点、8-6から平井選手のクイック、岩坂選手のキルブロック、古藤選手のツーアタックで3連続失点、9-9から新鍋選手のスパイクと岩坂選手のクイックでの軟攻で2連続失点をして9-11と前に出られました。
直後に相手のサーブミスと高田選手のスパイク2本で3連続得点をして12-11と再び逆転をするも、そこから長岡選手のスパイクと新鍋選手のサービスエースで12-13とすぐに逆転を許し、14-14からはスパイクミス2本、石井選手のスパイク、平井選手のブロードで4連続失点をして14-18とされました。
直後に迫田選手のバックアタックと高田選手のサービスエースで2点を返し、16-19からは相手のサーブミス、迫田選手のバックアタック、荒木選手のサービスエースで3連続得点をして19-19の同点に追い付きました。
第2セットと同様に見せ場は作ったものの、そこから平井選手のクイックと古藤選手のツーアタックで2連続失点をし、22-23からも石井選手と石田選手のスパイクで連続失点しました。
2回目のテクニカル・タイムアウトの前に長岡選手に代わって登場した石田選手に終盤に良い仕事をされました。
2回目のテクニカル・タイムアウト時に表示されたこの試合のアタック決定率はアローズ38.6%、久光39.1%、サーブレシーブ成功率はアローズ39.2%、久光67.9%、キルブロックはアローズ9本、久光4本でした。

第4セットは1-1から連続得点の応酬になりました。
石田選手のブロックアウトとプッシュ攻撃で2連続失点をした直後に高田選手のブロックアウトと荒木選手のクイックで2連続得点を返しました。
3-3から石田選手のスパイク、アローズのホールディング、石井選手のスパイクで3連続失点をした直後にも荒木選手のブロードと抑え込みとキルブロックで3連続得点を返しました。
6-6から石井選手のスパイク、平井選手のクイック2本、石井選手のサービスエース、それにアローズのお見合いで5連続失点をして6-11となり、ここでは5連続得点を返すことはできず相手のサーブミスとドリブルによる2連続得点止まりでした。
それでも、12-16からも迫田選手と峯村選手のスパイクで2連続得点をし、15-18からは荒木選手のブロード、迫田選手のバックアタック、二見選手のブロードとキルブロックで4連続得点を上げて19-18と逆転しました。
ところが、リプレイが無く角度も良くなかったので誤審かどうか分かりませんが、直後の新鍋選手のスパイクに食らい付くも「アローズのコートにボールが落ちた」という不満の残る判定があり、一気に流れが久光に行ってそこから石田選手のスパイク、アローズのアタックライン踏み越し、岩坂選手のキルブロック、新鍋選手のスパイクとキルブロックでチャンピオンシップポイントを握られるとそこでも新鍋選手にスパイクを決められ、国体からの対戦成績やリーグの順位から考えて結局順当な結果に終わりました。
最後に第1セットの7連続得点を返されましたね。

昨季のV・プレミアリーグを制覇してから大きな大会ではシルバーメダルコレクターになっているものの、昨季までとは状況が違う中で今大会は現在リーグ戦でアローズの上にいるNECとシーガルズを下してよく決勝戦まで勝ち上がったと思います。
そして、ケガでエンライト選手を欠いた決勝戦の久光戦では国体の決勝戦とリーグ戦の第1レグよりも競ることができました。
まだまだ努力が必要ですが、賞金まで貰いながら濃密なレッスンを受けることができて良かったのではないでしょうか?

今年もお疲れ様でした。
V・プレミアリーグ再開は1月12日で、アローズは大阪府で12日(土)にJT、13日(日)にNECと対戦することになっています。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1760-dc2da492
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。