--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

個人技術ランキング15傑 トップ5(第1レグ終了時点)

<アタック決定率>
 1位:長岡(久光製薬)  51.4%
 2位:荒木(東レ)  51.3%
 3位:衛藤(トヨタ車体)  50.5%
 4位:杉山(NEC)  48.2%
 5位:平井(久光製薬)  47.4%
-----------------
11位:二見  42.5%  

<総得点>
 1位:イエリズ(NEC)  153得点
 2位:福田(シーガルズ)  143得点
 3位:栗原(シーガルズ)  143得点
 4位:長岡(久光製薬)  141得点
 5位:エンライト(東レ)  138得点
-----------------
 8位:荒木  119得点

<アタック決定本数>(セット平均)
 1位:イエリズ(NEC)  4.71本
 2位:福田(シーガルズ)  4.62本
 3位:長岡(久光製薬)  4.57本
 4位:栗原(シーガルズ)  4.54本
 5位:ヤネヴァ(JT)  4.44本
-----------------
 8位:エンライト  3.94本




<ブロック決定本数>(セット平均)
 1位:荒木(東レ)  1.03本
 2位:岩坂(久光製薬)  0.87本
 3位:イエリズ(NEC)  0.61本  
 3位:井上奈々朱(デンソー)  0.61本
 5位:関(シーガルズ)  0.59本
-----------------
 8位:小平  0.55本
14位:二見  0.40本


<サーブ効果率>
 1位:荒木(東レ)  17.0%
 2位:森谷(パイオニア)  15.0%
 3位:平井(久光製薬)  14.6%
 4位:栗原(シーガルズ)  13.8%
 5位:井上奈々朱(デンソー)  13.6%
-----------------
11位:中道  12.5%

<サーブレシーブ成功率>
 1位:小平(東レ)  75.5%
 2位:吉田(パイオニア)  73.5%
 3位:座安(久光製薬)  72.3%
 4位:真柴(デンソー)  72.2%
 5位:井上(JT)  71.70%
-----------------
 6位:濱口  70.6%  
 9位:峯村  67.1%


ロンドン五輪で銅メダルを獲得したV・プレミアの選手の中では荒木選手が元気です。
それから、アローズは小平選手の守備面での貢献が目立っていますね。

現在首位の久光は次から次と良い若手選手が出て来て、上手く4強を維持しながら世代交代をして先が明るそうです。
3シーズン目の長岡選手が攻撃専門とはいえ今季ここまで51.4%と怪物級の決定率をマークしていて、今後も注目ですね。
長岡選手は1シーズン目と2シーズン目はレギュラーではなかったものの、いずれも40%を超えるアタック決定率を残しています。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1751-42e39c85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。