--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25

V・プレミアリーグ レギュラーR(第1レグ) トヨタ車体戦

東レ 3-0 トヨタ車体
(25-23、25-23、25-18)


スタメン
S:中道、R:峯村、L:エンライト・小平、C:荒木・二見
リベロ:濱口

第2セットは中道選手に代わって田代選手がスタメンでした。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:34.2%  トヨタ車体:29.9%
キルブロック
 東レ:13本  トヨタ車体:7本
サービスエース
 東レ:0本  トヨタ車体:0本
サーブ効果率
 東レ:8.9%  トヨタ車体:4.2%
サーブレシーブ成功率
 東レ:82.5%  トヨタ車体:62.3%
ミスによる失点
 東レ:13点  トヨタ車体:11点


今季初のストレート勝ちで開幕4連勝とし、第1レグの勝ち越しが決まりました。

今日は小平選手と荒木選手もアタック決定率が低かったですが、ここまで総得点がチームNo.1のエンライト選手は41.5%の決定率を残し、キルブロック2本と合わせて両チーム最多の19得点を挙げました。
そして、ダントツの数のサーブを受けてサーブレシーブ成功率は67.7%でした。
小平選手は決定率が3割に届かなかったものの、キルブロックは2本決めて合計10得点を取り、サーブレシーブ成功率は93.8%をマークしました。
それから、サーブの受け数が少なかった濱口選手、峯村選手、高田選手のサーブレシーブ成功率は100%でした。
荒木選手はブロックで6得点を稼ぎ、スパイクでの7得点と合わせて13得点を挙げました。
アローズは第1セットに17-22から7連続得点を取っていて、そのうちの4得点が荒木選手のブロックポイントで、2得点が途中出場の迫田選手のスパイクポイントだったそうです。

高校3年生の内定選手時代の03/04シーズンからリーグに出場している濱口選手と中道選手が通算230試合出場を今日達成し、Vリーグ栄誉賞の受賞が確定しました。

東レアローズ(女子)濱口華菜里選手、中道瞳選手が栄誉賞受賞確定(Vリーグ)

おめでとうございます。
僕が初めてVリーグを生観戦したのが濱口選手が初出場した滋賀県立体育館でのデンソー戦でした。
早いもので、もう10シーズン目です。


次は佐賀県で12月1日(土)にデンソー、2日(日)には久光製薬と対戦することになっています。
両方とも現在の4強のチームですね。


女子のプレミアリーグは今週もフルセットゲームが過半数の5試合あり、開幕から16試合中10試合がフルセットゲームとなっています。

久光が昨日シーガルズ、今日はパイオニアをフルセットの末に下してアローズと同じく全勝です。
久光のフルセット勝ちは3試合連続です。
デンソーも3試合連続のフルセット勝ちで1敗を守りました。
NECは今日シーガルズにストレートで負けて今季初黒星です。
パイオニア、JT、トヨタ車体はまだ白星が無く、パイオニアは開幕からフルセット負けが4試合続いています。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1745-82d4fbfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。