--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17

4選手が滋賀に凱旋

ロンドン五輪に出場したアローズの4選手が滋賀の東レに戻って帰国報告を行いました。

五輪女子バレー 東レ4選手が帰国報告(読売新聞)


 東レ滋賀事業場(種市正四郎事業場長)は16日、ロンドン五輪女子バレーボールの日本代表メンバーとして銅メダルに輝いた東レ所属の荒木絵里香(28)、中道瞳(26)、木村沙織(25)、迫田さおり(24)の4選手の帰国報告会を行い、グループ社員約250人が祝福した。

 4選手が銅メダルを胸に講堂に入場すると、社員から大きな拍手が湧き起こった。日本チームの主将を務めた荒木選手は「たくさんの人に祝ってもらい、メダル獲得を実感している」、セッターの中道選手は「メダルを獲得した一員になれて幸せ」とあいさつした。

 来月末で退社し、トルコリーグのチームへの移籍が決まっている木村選手は「皆さんの応援はロンドンに届いていた」と感謝し、3位決定戦の〈銅メダルポイント〉でスパイクを決めた迫田選手は「ロンドンで学んだことを生かし、これからも頑張りたい」と話した。

 5月まで東レの選手だった社員の森万里子さん(31)は「一緒にプレーしていた仲間が結果を出せてうれしい」と喜んでいた。




メダリスト笑顔の凱旋 バレー女子、東レ4選手(京都新聞)


 ロンドン五輪のバレーボール女子で28年ぶりの銅メダルを獲得した東レ所属の4選手が16日、大津市の東レ滋賀事業場で帰国報告会を行い、甲良中から京都橘高に進んだ中道瞳選手(26)、エースの木村沙織選手(25)、荒木絵里香選手(28)、迫田さおり選手(24)が胸に輝く銅メダルを披露した。

 冒頭、バレーボール部の巽弘明後援会長が「感動をありがとう」とあいさつ。約250人の従業員を前に日本代表主将を務めた荒木選手が「目指してきたメダルに届いた。たくさん応援のおかげです」と感謝を述べた。

 中国との準々決勝、サーブで守備を崩した中道選手は「メダル獲得の瞬間に立ち会えてうれしい。今後のバレー人生に生かしたい」と力強く語り、木村選手は「ロンドンまでみなさんの声援が届いていた」と笑顔。銅メダルを懸けた韓国戦で両チーム最多の23点を挙げた迫田選手は「これからを再スタートと思って頑張りたい」と気持ちを新たにしていた。




しっかり休養してリーグ開幕に備えてほしいところですが、20日の11時から東京の銀座でロンドン五輪のメダリストによるパレードがあるみたいです
このパレードはJOC主催で、名誉あることなので楽しんできてほしいです。

メダルを獲得したのはおめでたいことですが、それはそれで大変ですね。
マスコミに追いかけ回されて潰されないように気を付けてほしいし、協会やチームも本業に支障をきたさないように選手を守ってほしいです。

TV局、スポーツ紙、週刊誌などのマスコミは日の丸を背負って世界のトップ3に入ったメダリストを単なる視聴率や売り上げ部数稼ぎの道具みたいにせず、もっと敬意を払うべきです。
知識があってスポーツを本当に愛していたり、余計なことを言わない芸能人やアナウンサーならTVでスポーツ選手と共演しても良いと思います。
そうでない人たちが共演して安っぽいバラエティ番組のようになっているのはスポーツを冒涜された気分になるので、あまり観ないようにしています。(バラエティ番組やお笑い番組自体は嫌いではありません)
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1705-eb45561b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。