--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01

多治見選手と内田選手が引退

日立が都澤選手、多治見選手、高崎選手、城選手、佐藤瞳選手、松本選手の退団と内田選手のコーチ就任を発表しました。

退部者挨拶(日立)


多治見選手は八王子実践高校から1991年に日立(ベルフィーユ)に入団し、日本リーグで入団から3シーズン連続の優勝を経験して新人賞、ブロック賞2度、ベスト6を2度獲得し、黒鷲旗でもベスト6を2度受賞しました。
01年に日立の廃部に伴ってパイオニアに移り、Vリーグでチームの初優勝(03/04)と2度目の優勝(05/06)に貢献し、07年に長期活躍選手としてVリーグ栄誉賞を受賞しました。
09/10シーズンからコーチを兼任し、翌シーズンは選手兼任監督として登録されました。
そして、11/12シーズンは日立(リヴァ―レ)に移ってプレーしました。
それから、全日本として3大大会には五輪に3度(92年、96年、08年)、世界選手権に2度(94年、98年)、W杯に4度(91年、95年、99年、07年)出場しました。
93年のグラチャンではベストブロッカー賞を受賞しています。
95年のW杯の期間中に母親を亡くしながらも、チーム全員で喪章を付けて臨んだ直後のアメリア戦で活躍して日本が勝利したことはファンの間では語り草になっていますね。


内田選手は90年にイトーヨーカドーに入団して98年に引退しました。
しかし、現役復帰して99年に当時2部のV1リーグに属していたパイオニアに入って翌シーズンにはVリーグ昇格に貢献しました。
02年に再び引退するもすぐに同じパイオニアで現役復帰し、後に日立でも一緒にプレーすることになった多治見選手とフールマン選手らと共にパイオニアの絶頂期を支え、第12回Vリーグ(06/07)でベスト6に選ばれました。
そして、07年には多治見選手と同じく、長期活躍選手としてVリーグ栄誉賞を受賞しました。
07年の黒鷲旗で引退してコーチとしてパイオニアに残っていましたが、07/08シーズンの途中から選手も兼任して4度目の現役復帰を果たしました。
08/09シーズンでパイオニアを退団し、09/10シーズンは健祥会、10/11シーズンからは日立でプレーしていました。
5度目の現役復帰はあるのでしょうか?



社会人になってから昨季で引退するまでデンソーでプレーした櫻井さんが出向の形でVリーグ機構に入局することになりました。

櫻井由香 Vリーグ機構入局について(Vリーグ)


デンソーは矢野選手も退団のようです。

退団選手・スタッフのお知らせ(デンソー)
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1673-a9018cf1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。