--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

V・チャレンジリーグは日立が優勝

今日でV・チャレンジリーグの全日程が終了し、日立が21勝1敗で優勝しました。


<最終順位>
 1位:日立  21勝1敗 →入れ替え戦へ
 2位:上尾  20勝2敗 →入れ替え戦へ
-------------------
 3位:KUROBE  16勝6敗
 4位:大野石油  13勝9敗(セット率:1.29) 
 5位:PFU  13勝9敗(セット率:1.22) 
 6位:三洋電機  12勝10敗
 7位:健祥会  11勝11敗
 8位:熊本  7勝15敗
 9位:仙台  6勝16敗(セット率:0.58) 
10位:柏  6勝16敗(セット率:0.49) 
11位:Befco  5勝17敗
12位:GSS  2勝20敗

日立と上尾の直接対決は1勝1敗で、上尾のもう1敗はKUROBE戦でした。



<個人賞>
MVP:江畑(日立)  ※初受賞
敢闘賞:皆本(上尾)  ※初受賞
新人賞:岩永(PFU)
優勝監督賞:濱田(日立)  ※初受賞
得点王:川上(PFU)  568得点  ※初受賞
スパイク賞:フールマン(日立)  53.2%  ※初受賞  
ブロック賞:安藤(上尾)  1.07本  ※初受賞
サーブ賞:江畑(日立)  22.3%  ※初受賞
サーブレシーブ賞:田中(KUROBE)  72.0%  ※初受賞

フールマン選手がV・プレミア(過去3度獲得)とV・チャレンジの両リーグでのスパイク賞獲得を達成しました。


3月31日と4月1日に神奈川県の大和スポーツセンター体育会館で行われるV・プレミアチームとの入れ替え戦(チャレンジマッチ)の組み合わせはNEC×日立、トヨタ車体×上尾となりました。

1勝1敗になった場合はセット率、得点率の順で勝敗が決められ、得点率も同じ時はV・プレミアチームの勝ちになるみたいです。
同一リーグ内のプレーオフならレギュラーシーズンで順位が上のチームにアドバンテージが与えられるのは分かりますが、入れ替え戦で上のリーグのチームにアドバンテージが与えられるのはフェアではないですね。
それと、ゴールデンセットも無い普通の2試合制だと第2戦の第1セットで決着してしまう可能性がありますよね。

入れ替え戦の特設ページ(Vリーグ)
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1626-830ab61f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。