--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

V・プレミアリーグ レギュラーR(第2レグ) トヨタ車体戦

東レ 3-1 トヨタ車体
(25-23、25-19、18-25、25-20)


スタメン
S:中道、R:フリール、L:高田・迫田、C:荒木・宮田
リベロ:濱口

木村選手が欠場し、帯同もしていなかったそうです。
長期離脱ではないことを願います。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:49.3%  トヨタ車体:43.4%
キルブロック
 東レ:7本  トヨタ車体:11本
サービスエース
 東レ:1本  トヨタ車体:2本
サーブ効果率
 東レ:8.2%  トヨタ車体:6.4%
サーブレシーブ成功率
 東レ:76.9%  トヨタ車体:67.1%
ミスによる失点
 東レ:18点  トヨタ車体:19点


5試合ぶりにセットを落として連続得セットが14で止まったものの、今季ここまで最高だったデンソーの12連続得セットを上回りました。

迫田選手が52.8%のアタック決定率をマークし、キルブロック3本と合わせて両チーム最多の22得点を挙げました。
サーブレシーブも16の10で成功率が6割を超えました。
高田選手は53.1%の決定率で、キルブロックは3本決めて合計20得点を取り、88.1%のサーブレシーブ成功率を残しました。
濱口選手もサーブレシーブ成功率が76.9%ありました。
それから、決定率がアローズのスタメンアタッカーの中で一番低かったフリール選手でも43.3%あり、荒木選手と宮田選手は5割の決定率でした。
また、各セットに恐らく2枚替えで出場した峯村選手もスパイク打数7本で42.9%の決定率をマークしています。

もし木村選手が決勝Rにも間に合わないような状態なら大きな痛手で、レギュラーRの最終順位にも影響が出るかもしれませんが、今のところ4位以上が決定的なので決勝R進出に関しては焦る必要は無いです。
逆にチームにとって今後に活かせられる良い経験ができると思います。(離脱者の無い状態で、疲労やその試合での成績、点差などを見ながら誰でも交代させられるのがベストですが・・・)


<現在の順位>(第2レグ終了時点)
1位:デンソー  12勝2敗(セット率:3.45)
2位:東レ  12勝2敗(セット率:2.79)
3位:久光製薬  9勝5敗(セット率:1.42)
4位:JT 9勝5敗(セット率:1.26)
---------------------
5位:シーガルズ  7勝7敗
6位:トヨタ車体 4勝10敗
7位:パイオニア  3勝11敗
8位:NEC  0勝14敗

第1レグに続いて第2レグもデンソーと同じ6勝1敗でしたが、第2レグの順位はアローズが1位でした。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1609-83a9d4c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。