--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21

V・プレミアリーグ レギュラーR(第2レグ) デンソー戦

東レ 3-0 デンソー
(25-17、25-17、32-30)


スタメン
S:中道、R:フリール、L:木村(沙)・高田、C:荒木・宮田
リベロ:濱口


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:51.0%  デンソー:35.7%
キルブロック
 東レ:8本  デンソー:4本
サービスエース
 東レ:1本  デンソー:7本
サーブ効果率
 東レ:9.1%  デンソー:15.9%
サーブレシーブ成功率
 東レ:58.2%  デンソー:63.5%
ミスによる失点
 東レ:12点  デンソー:20点





第1セットはスロースタートで、アウト・オブ・ポジションもまたあったりして6-10と一時は4点差を付けられました。
しかし、9-10から荒木選手のキルブロックや高田選手のスパイクなどで11-11の同点に追い付きました。
そして、12-12からはフリール選手の活躍が目立って5連続得点を取って突き放しました。
18-13からは守りの乱れもあって3連続失点をしたものの、18-16の場面でフリール選手がキルブロッキを決めて再び流れを呼び戻し、20-17からは木村選手のスパイク、相手のスパイクミス、木村選手のサーブで崩しての宮田選手のダイレクト、それから迫田選手のブロックアウトとキルブロックで一気にセットを先取しました。

第2セットも初めは1、2点追う展開で、10点の手前で逆転しました。
9-9から高田選手のスパイクやフリール選手のキルブロックなどで6連続得点を奪い、その後も大崩れすること無く簡単にセットを取りました。

第3セットは相手のサーブとブロックで押されてリズムを掴めず5点差を付けられ、逆転を願いながらも終盤に差し掛かったので第4セットを覚悟していましたが、アローズは食らい付いていきました。
15-20から22-22の同点に追い付き、サイドアウトが続いて23-24とセットポイントを握られた場面では木村選手のプッシュ攻撃、24-25の場面ではフリール選手のスパイク、25-26の場面では相手のスパイクミスに助けられ、26-27の場面ではバックセンターからのフリール選手のスパイク、27-28の場面では相手のサーブミスがあり、28-29の場面ではレフトからのフリール選手のスパイクで凌ぎました。
デンソーはこのセットでデラクルス選手のスパイクの調子が上がってきていましたが、アローズは29-30の所で木村選手のブロックアウトでまた同点に追い付き、更に相手のレシーブを弾く木村選手のスパイクでついに31-30と逆転すると、最後は荒木選手のサーブで崩してダイレクトで返って来たのを木村選手が両手で押し込んでストレートで首位決戦を制し、第2レグも白星スタートを切りました。


フリール選手が69.6%と非常に高いアタック決定率を残し、キルブロック3本と合わせて両チーム最多の19得点を挙げました。
とても頼もしかったです。
サーブはジャンプフローターで打っていました。
木村選手は決定率42.4%で、サービスエースは1本あって合計15得点を取りました。
木村選手がこの試合で受けたサーブは10本だけでした。
スタメン出場したアローズのアタッカーの中で決定率が一番低かった高田選手でも38.5%と悪くはなく、高田選手はキルブロック1本と合わせて11得点を取りました。
センターは2人合わせてスパイク打数が15本でしたが、荒木選手は7割の決定率で、キルブロックは3本決めて合計10得点に届きました。
宮田選手はスパイクを5本打って3本決めました。

デンソーの得点源のデラクルス選手の決定率は31.4%で、合計16得点にとどめました。
















スポンサーサイト

comment

ピグ携帯
こんにちは。
応援、お疲れ様でした。&滋賀では、どうも!
苦戦するだろうなあと覚悟していたデンソーにストレート勝利は、びっくり。
フリール選手、60%超えはスゴいですね!
ベティさんを30%台に抑えたのは、立派ですね。これで首位!
嬉しいなあ。
この勝利を今日に生かしてほしいですね。
第3セット、終盤の詳細な攻防ありがとうございます。大感謝です。
2012.01.22 07:08
AZZURRO
>ピグレットさん

滋賀でお会いできて良かったです。

僕もデンソー戦はもっと難しい展開になることを覚悟していたのですが、第1・第2セットは他のチームがなかなかデンソーからセットを取れないのが不思議なぐらいに思え、デラクルス選手のスパイクの怖さも影を潜めていました。
一番厳しかった第3セットもよく耐えて逆転しましたね。
フリール選手はブロックやレシーブを物ともせず、巧さと強さの両方を発揮していました。
2012.01.22 09:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1601-359316d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。