--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04

近畿総合 2日目

準決勝
東レ 2-0 武庫川女子大学
(25-11、25-17)

スタメン
S:田代、R:峯村、L:高田・小平、C:和田・宮田
リベロ:木村(美)

サーブとブロックがよく効いて優位に試合を進めました。
第2セットは中だるみがあって1点差まで追い上げられましたが、再び突き放しました。







決勝戦
東レ 0-3 JT
(23-25、17-25、19-25)

スタメン
S:田代、R:堀川、L:高田・峯村、C:和田・宮田
リベロ:木村(美)


JTは上屋敷選手や芥川選手、千葉選手の他に坂下選手、吉澤選手、石川選手、橋本選手、位田選手、井上選手という豪華なメンバーが出場していたので、アローズが勝つ方が難しいです。

第1セットは粘って逆転に次ぐ逆転の展開で善戦しましたが、勝負所で一本が決められなかったり拾えなかったりして取られました。
第2・第3セットは出だしは悪くなかったものの、経験の差をまざまざと見せ付けられました。

全日本に行っている選手たちとの差を改めて感じさせられたような試合になりましたが、今季アローズはサマーリーグには不出場で、国体近畿予選でもVリーグチームとは当たらなかったので、強力なメンバーを揃えたJTとここで対戦して自分たちの現在の力を知ることができたのは良かったと思います。
やはり育成には我慢が必要です。










MVPはJTの坂下選手、敢闘賞には昨年MVPのアローズの高田選手が選出されました。

男子は決勝戦でサントリーが堺をストレートで破って優勝し、MVPが栗山選手、敢闘賞が今村選手でした。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1543-d3d0c6dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。