--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18

Vリーグの個人賞

V・プレミアリーグとV・チャレンジリーグの個人賞が発表されました。

アローズからは敢闘賞に木村選手(初)、ベスト6に荒木選手(2シーズン連続5度目)と木村選手(4シーズン連続4度目)が選出されました。

【お知らせ】2010/11V・プレミアリーグ個人表彰選手(Vリーグ)

【お知らせ】2010/11V・チャレンジリーグ個人表彰選手(Vリーグ)
 

決勝Rが行われなかったのでリーグ戦があった気があまりしません。
そして、アローズの連覇が止まったことを考えると、地震だけでなくVリーグ機構にも2、3割は連覇を止められた感があってモヤモヤします。(V・チャレンジの方は消化試合数が揃っていないのですが、V・プレミアとV・チャレンジの1位チームに「優勝」を与えるのなら入れ替え戦も行うか、自動的に昇降格させるかあるいはV・プレミアを10チームに戻すかすべきだと思います)

男子バスケのJBLもレギュラーシーズンの途中で打ち切りになってプレーオフが行われず、それまでの順位を最終順位にして個人賞の表彰もあったのですが、「優勝チームは無し」と落とし所を見つけています。
こちらは1位、2位の勝率と当該チーム間の勝率も同じで、3番目に優先される当該チーム間のゴールアベレージ(バレーで言う得点率)で1位アイシン、2位パナソニックとなりました。

震災でバレーのナショナルチームの大会の開催にも影響が出始めています。

外国のバレー連盟が福島第一原発から漏れ出した放射能の影響を懸念して来日に難色を示し、WLの1次リーグの埼玉、長崎、和歌山で行われる予定だった日本のホームゲーム全6試合が中止になり、その分をアウェーで行うことになりました。

FIVBワールドリーグ2011日本のホームゲームの中止について(JVA)


西日本にも来てもらえなくて残念です。
しかし、外国人なので仕方がないですね。(それでもいろいろと日本に支援してくれる外国人の方には感謝したいです)
ただ、アウェーで日本が鍛えられるのは悪くないですが、代替試合は中立地で行うのが常識だと思います。
中立地で行わないのはお金儲けのためなのでしょうか?
それとも、日本のために何かイベントをしてくれるのでしょうか?

放射能の影響が懸念されてW杯も日本以外で開催する可能性が出て来ました。

11月のバレーW杯、日本開催変更を検討 (サンスポ)


WGPも海外ばかりでの開催があり得そうです。
春高はちょうど1月に移行していて良かったですね。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1492-517fbd01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。