--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

欧州のカップ戦はベスト4が出揃う

CLはR.バクー、ペーザロ、それからトルコ対決を制したV.G.シゴルタが勝ち残り、ファイナル4の準決勝に進みました。
ファイナル4がホームで開催されるフェネルバフチェを合わせた4チームで準決勝以降が行われます。

<プレーオフ6の結果>
ムシナ(ポーランド) 0(第1戦:0-3、第2戦:0-3)6 R.バクー(アゼルバイジャン)

チューリッヒ(スイス) 3(第1戦:1-3、第2戦:2-3)6 ペーザロ(イタリア)

エジュザジュバシュ(トルコ) 2(第1戦:0-3、第2戦:2-3)6 V.G.シゴルタ(トルコ)

<ファイナル4 準決勝の組み合わせ>
フェネルバフチェ×V.G.シゴルタ
R.バクー×ペーザロ

準決勝が19日、3位決定戦と決勝戦が20日です。
決勝戦で同じ国のチームが当たらないように組み合わせを操作しているみたいです。
過去3シーズンはイタリアの2チームが準決勝で戦いました。

CEVカップの準々決勝に当たるチャレンジRはこのCEVカップの3回戦まで突破した4チームとCLのグループリーグで敗退した成績上位4チームの対戦でしたが、CLから回って来たチームはレッドスターだけしか勝ち残れませんでした。
クラスノダールと対戦したベルガモは第1戦のホームゲームでストレート勝ちしながら第2戦では逆にストレートで敗れ、ゴールデンセットの末に敗退しました。

<準決勝の組み合わせ>
ドンブローヴァ・グルニチャ(ポーランド)×クラスノダール(ロシア)
 第1戦:15日、第2戦:20日

レッドスター(セルビア)×ウルビーノ(イタリア)
 第1戦:16日、第2戦:20日


チャレンジカップはアゼルバイジャンの3チームとウラロチカがベスト4に残りました。
アゼルバイジャンの3チームは準々決勝でいずれもホームでストレート勝ちし、アウェーではフルセット勝ちでした。

<準決勝の組み合わせ>
イトゥサチ(アゼルバイジャン)×ロコモティフ(アゼルバイジャン)
 第1戦:16日、第2戦:20日

アゼレイル(アゼルバイジャン)×ウラロチカ(ロシア)
 第1戦:15日、第2戦:19日
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1480-634c625d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。