--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29

V・プレミアリーグ レギュラーR(第3レグ) トヨタ車体戦

東レ 3-0 トヨタ車体
(25-12、25-23、27-25)

スタメン
S:中道、R:ヴァインデヴォーゲル、L:木村(沙)・迫田、C:森・荒木
リベロ:濱口

森選手が第1レグのNEC戦以来今季2度目のスタメンに起用されました。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:41.7%  トヨタ車体:27.6%
キルブロック
 東レ:4本  トヨタ車体:5本
サービスエース
 東レ:1本  トヨタ車体:2本
サーブ効果率
 東レ:10.1%  トヨタ車体:12.7%
サーブレシーブ成功率
 東レ:54.2%  トヨタ車体:60.6%
ミスによる失点
 東レ:16点  トヨタ車体:17点

第2・第3セットは競り合いを制し、第3レグの初戦を今年初のストレート勝ちで飾って10勝目を挙げました。

木村選手が40.5%の決定率で、両チーム最多の合計17得点を挙げました。
迫田選手もスパイクだけの得点だったものの、46.9%の決定率を残して合計15得点を取りました。
両センターは、決まらなかった1本が決まっていれば5%ほど決定率が違っていたのですが、それでも荒木選手は47.1%あり、森選手も42.1%と踏んばりました。
打数は森選手、荒木選手より少ないながらヴァインデヴォーゲル選手も35.7%と健闘し、キルブロックは2本決めました。
それから、田代選手がチームで唯一のサービスエースを決めています。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1460-27bd894e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。