FC2ブログ
24

羽ばたけ 大山加奈!!

加奈選手がブログに一昨年のセミファイナルでの思い出を書いていました。
僕もあの時のことをよく覚えています。

第10回Vリーグのセミファイナルは4チームによる1回戦総当りのリーグ戦を行って上位2チームがファイナルに進出するシステムで、セミファイナルの初戦はパイオニア戦でした。
結果は惜しくも2-3で敗れ、加奈選手が深刻な表情でずっとうつむいたままバスに乗り込んでいきました。
原因は負けたからとういわけではなく、腰痛の悪化でした。
Vリーグの直前にはW杯があって休みなしの状態だったので、かなり腰に負担がかかっていたと思います。
そして、宿泊先のホテルで泣きながら出場を志願する加奈選手を当時監督だった達川さんが「全日本のために我慢してくれ。」と長時間かけて出場を断念するように説得し、キャプテンの向井選手は「全日本でカナが元気に戦ってくれるのが、東レのみんなの誇りだから、それができなくなるようなことはしないで。」と言ったそうです。
あとでこれを知った時は、加奈選手の責任感の強さと周りの温かさに胸を打たれました。
そうして加奈選手は次のNEC戦と久光製薬戦には出場しませんでした。
しかし、アローズは一致団結して苦手だったNECをストレートで下し、久光にはフルセットの末敗れたものの辛うじてセット率で2位に入ってファイナルに駒を進めました。
ファイナルのパイオニア戦は悔しい結果になりましたが、2戦とも途中から出場して良い働きをしました。

今季、そのファイナルRの舞台にアローズが戻ってきました。
それで、アローズが勝つために一番カギとなる選手は加奈選手でしょう。
何よりも加奈選手がスパイクを決めてぐるぐるコートを走り回るとチームが波に乗ります。
アローズは一つになるととてつもないプラスαの力を発揮するチームなのですが、加奈選手は1人でもチームに大きな影響を与える力を秘めているように感じます。
アローズがスタートダッシュに成功したのも開幕戦で6ヶ月ぶりに復帰した加奈選手の活躍があったからだと思います。

本人のブログによると最近は迷いがあって弱気になっていたみたいですが、明日からのファイナルRでは体調に気を付けて精一杯バレーを楽しんでほしいです。

そして将来世界を代表するエースになってもらいたいです。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/146-17471e4f