--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26

V・プレミアリーグ レギュラーR(第2レグ) パイオニア戦

東レ 1-3 パイオニア
(25-17、19-25、23-25、27-29)

スタメン
S:中道、R:ヴァインデヴォーゲル、L:木村(沙)・迫田、C:和田・築地
リベロ:濱口

第3セットからは和田選手に代わって森選手がスタメンでした。
昨日から欠場している荒木選手は肩痛のようです。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:41.4%  パイオニア:42.9%
キルブロック
 東レ:8本  パイオニア:10本
サービスエース
 東レ:0本  パイオニア:5本
サーブ効果率
 東レ:3.9%  パイオニア:10.7%
サーブレシーブ成功率
 東レ:66.3%  パイオニア:81.5%
ミスによる失点
 東レ:21点  パイオニア:23点

リーグ戦では今季チーム最高のアタック決定率でしたが相手の方が高く、ブロック決定本数(セット平均)は今季ワーストタイ、サービスエース(エース0でサーブミスは14)とサーブ効果率はワーストを記録し、年内最後の試合を勝利で飾れませんでした。
パイオニアにリーグ戦で敗れたのは08/09シーズンの第1レグ以来です。
全日本選手権決勝戦のデンソー戦に続く逆転負けで、セットの中でも波があって勿体ない展開になるがよくあるので、こういう癖は直さなければなりませんね。

木村選手が52.7%とセンター並みの決定率を残し、キルブロックは2本で両チーム最多の合計31得点を挙げました。
サーブレシーブ成功率も70.8%ありました。
迫田選手は35.8%の決定率で、キルブロック1本と合わせて20得点を取りました。
築地選手は打数が11本でしたが決定率は54.5%あり、キルブロックは2本決めて2試合連続でアピールしました。
しかし、合計8得点の築地選手がチームで3番目の得点者で、アローズは選手交代も前日のようには上手くいかずチームとして機能しなかったようです。

パイオニアはスタエレンス選手が5割の決定率で合計22得点、栗原選手が決定率は迫田選手より約1%低かったものの、キルブロック2本、サービスエースは4本で合計21得点しています。
それと、成田選手が決定率39.3%で、キルブロック2本と合わせて13得点でした。


来週はお正月のため試合が開催されず、次は岡山県で1月8日(土)にシーガルズ、9日(日)には久光製薬と対戦することになっています。

今日シーガルズはNECにストレート勝ちして今季初勝利を挙げました。
久光はフルセットの末にデンソーを下し、共に5勝3敗になりました。
来週試合が無いことはアローズにとって良かったと思いたいです。
トヨタ車体と対戦したJTはスタメンに復帰したキム・ヨンギョン選手が65.2%の決定率を残して3-1で勝ち、5勝3敗としてセット率で2位に浮上して来ました。
スポンサーサイト

comment

Visitor
リエスベットって、助っ人?
攻撃力無いよね。
なんで獲得したのか?
2010.12.27 00:55
エビ
皇后杯観に行った私感ですが、
キレはエベよりリエスベットの方が現状はよかったです
2010.12.27 01:50
麻衣
お久しぶりです。

今にはじまった事ではないですけど、もうずっと前からアローズは選手層が薄いですね。

ここ何年かの新人を獲得した時点からこうなることは、予想はついいてましたが。


就実つながりで久光に行った石井さんは取ってくれるだろうと、凄く期待してたんですけどね。

昨年は外人で苦労したので今年は同じ過ちは繰り返さないだろうと思ってたんですが、シンディの方がはるかにましです。

年々、センター線が激減してますね。
たとえ、勝っても面白くないです。
あと、得意のアローズのディグが見えませんね。
昨年もセミファイナルに進めるんだろかと心配してましたが、今年はそれ以上に不安です。

今一度チームを見つめなおしてなんとか、踏ん張ってほしいです。

迫田さんをよく獲得してたものだなぁとしみじみ思います。

木村さんのおかげで、なんとか勝ち星がありますけど、二人だけではキツイですね。
2010.12.27 19:19
AZZURRO
>Visitorさん
>エビさん
>麻衣さん

コメントありがとうございます。

2部リーグながらイタリアのチームでは得点源になっていたようで、守備もできることや年棒、年齢、性格、合流時期も含めて獲得を判断したんでしょうかね?

ヴァインデヴォーゲル(リエスベット)選手は現在V・プレミアリーグではブロック決定本数で2位、サーブレシーブ成功率で14位にランクインしていて、これまでのチームの課題が改善されて守りの面では随分と貢献していると思います。
そして、サーブ効果率も現在15位にランクインしています。
スパイクでも最近になって良い決定率を残す試合が出始めてきました。
しかし、まだ波が激しく決定率が両極端ですね。
一人の選手に全てを求めるのは酷ですが、どんどん慣れて決定率が低い試合を減らしていってほしいです。
そして、全日本経験の無い若い選手たちにも奮起してほしいと思います。
2010.12.27 21:07
Visitor
リエスベットは、あれだけ稀にしかトスが上がんなかったら
相手にもマークされないだろうし、決定率も悪くはならないだろうってくらい
めったにトスが上がらない感じ、今までTV放送を観たところでは。
彼女が、もっとバンバン打って決めまくれるWSだったら東レはもっと圧倒的になるだろうに。
日本バレーの速いトスにまだ合わせきれなかったりするのかもしれないけど
あれほど攻撃で得点を稼がない助っ人のWSは初めて見てる。
まーその分、木村や迫田とか日本人のWSが強く育てばいいけど。
2010.12.30 02:53
AZZURRO
>Visitorさん

リエスベット選手のスパイクに安定感が出るか全員でカバーし合えることを願うしかないです。
日本人選手の獲得は高校か休廃部するチームからで、外国人選手も世界の中心と離れた所から見つけて来るチームが積極的にプロスポーツのように有力選手を補強するチームに勝つのは爽快でとても価値があり、ここ数シーズン結果が出ているので個人的には今の方針に大きな不満はないですが、やはり穴の無い完璧なチームを作るには資金力、指導力、スカウティング能力が揃って、外国人選手だけでなく日本人の即戦力の補強も必要ですね。
2010.12.30 21:59

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1446-f84154a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。