--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05

V・プレミアリーグ レギュラーR(第1レグ) デンソー戦

東レ 1-3 デンソー
(20-25、25-16、22-25、23-25)

スタメン
S:中道、R:迫田、L:木村(沙)・ヴァインデヴォーゲル、C:荒木・宮田 
リベロ:濱口

第2セットからは宮田選手に代わって築地選手がスタメン出場しました。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:34.2%  デンソー:36.4%
キルブロック
 東レ:12本  デンソー:8本
サービスエース
 東レ:5本  デンソー:2本
サーブ効果率
 東レ:14.7%  デンソー:12.8%
サーブレシーブ成功率
 東レ:50.6%  デンソー:54.3%
ミスによる失点
 東レ:21点  デンソー:20点

開幕4連勝はなりませんでした。

第3セットは大きなリードを守れなかったようです。
ブロックとサーブでは上回っていますが、昨日までの3試合と違って相手よりアタック決定率とサーブレシーブ成功率が低く、苦しい中でミスも多くなりましたね。

荒木選手が57.1%の決定率をマークしてキルブロックは4本決めました。
それと、全セットに途中出場した高田選手のスパイクが9の5でした。
ヴァインデヴォーゲル選手はキルブロック3本とサービスエース2本、築地選手はキルブロックを3本決めました
しかし、荒木選手以外のスタメンの決定率が良くなかったです。
迫田選手は35.9%でそれほど低くはないですが、交代でベンチに下がる場面もありました。
それから、サーブレシーブ効果率のアローズの最高が濱口選手の63.6%で、2番目は木村選手の5割でした。
そして、デンソーの矢野選手に64.3%、鈴木選手に5割の決定率を残され、井上選手には7本のキルブロックを決められました。

ただ、第1レグでデンソーに敗れるのはこのところの恒例行事で、過去3シーズンの最終的なアローズの順位はご存じの通りです。(セミファイナルでは3シーズン連続でデンソーにフルセット勝ちしています)
今季もこの敗戦を最後に笑うための良い材料にしてチーム力を高めていってほしいです。

気を取り直して次は滋賀県立体育館でのホームゲームです。
11日(土)にJT、12日(日)には久光製薬と対戦します。
両日ともTV中継(1日目がGAORA、2日目がBS1)があります。
2試合連続でストレート勝ちして星を五分に戻したJT、そして4試合を終えてアローズと同じ3勝1敗の久光との試合の後は全日本選手権が入りますが、その次に対戦するNECも4試合を終えて3勝1敗で、ここから第1レグの山場ですね。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1432-4bac9d9d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。