--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

アジア大会 準々決勝 韓国戦

日本 0-3 韓国
(16-25、22-25、15-25)

スタメン
S:横山、R:泉岡、L:吉田・野本、C:森・西山 リベロ:木村

韓国のスタメンは世界選手権の日本戦と同じでした。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 日本:37.89%  韓国:46.59%
キルブロック
 日本:2本  韓国:10本
サービスエース
 日本:1本  韓国:4本
サーブレシーブ成功率
 日本:42.65%  韓国:52.94%
ミスによる失点
 日本:20点  韓国:14点

泉岡選手がスパイク打数20本中半分決めてチーム最多の10得点を挙げました。

メダルを逃したことに関してこの日本チームを批判するのなら世界選手権の全日本にも「銀メダル以上を逃した」と言わなければならなくなるので、そんなことはできません。


<25日の対戦カード>
準決勝
 カザフスタン×韓国
 中国×北朝鮮

5位-8位決定予備戦
 モンゴル×日本
 チャイニーズタイペイ×タイ

9位決定戦
 インド×モルディブ



女子の日韓戦の直後に行われた男子の日韓戦(準決勝)では日本がセットカウント0-2から逆転勝ちし、26日のイランとの決勝戦に進みました。
スポンサーサイト

comment

通りすがり
世界選手権でメダルを取り、アジア大会で初めてメダルを逃す、いいこととわるいことがゼロサムだといいのか、世界選手権を契機に日本女子の猛攻がはじまるべきだったのか、机の前で考えても始まらないですね。
いづれにしても、層の厚さはほしいですね(理想論か)
2010.11.24 22:23
AZZURRO
>通りすがりさん

ピークを持って行って銅メダルを獲得した世界選手権の直後でVリーグも控えているので、アジア大会へのA代表の派遣は難しく、全く違うチームで臨んで主力を揃えた韓国に敗れてメダルを逃したのは仕方がないと思います。
しかし、勿論お金もかかりますが、育成システムが確立されておらずVリーグの主力でない選手は全日本選手が抜けた期間に行われる試合数の少ない大会でぐらいしか出場機会に恵まれないので、今後育成の環境をしっかり整えてレベルの底上げをしてほしいです。
2010.11.25 23:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1422-230e2b85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。