--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12

世界選手権 名古屋大会 2日目(第1・第2試合)

7日
タイ 3-1 オランダ
(25-15、25-23、15-25、26-24)

粘りのディフェンスと速い攻撃でタイが第2次R初勝利を飾りました。
マイカ選手が45.16%の決定率で、オランダのベンシンク選手(キルブロックで7点)と並んで両チーム最多の合計18得点をマークしました。
タイは5選手が2桁得点を挙げました。















ドイツ 3-0 チェコ
(25-8、25-17、25-16)

隣国対決はドイツの完勝に終わりました。
前日のうっ憤を晴らすかのようにコズーフ選手が67.86%のアタック決定率を残して両チーム最多の合計20得点を挙げました。
ミスによる失点もドイツの3点に対してチェコは27点もあり、第1次Rでブラジル、イタリアとフルセットゲームをしたチェコの姿をこの日も見ることができませんでした。


Before


After
チェコが国歌の演奏の前に素早くシャツをチェンジして来ました。










スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1401-cc108560
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。