--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

世界選手権 第2次R 韓国戦

9日
日本 3-0 韓国
(25-22、25-17、25-19) 

スタメン
S:竹下、R:山口、L:木村・江畑、C:山本・井上 リベロ:佐野


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 日本:43.13%  韓国:40.00%
キルブロック
 日本:9本  韓国:4本
サービスエース
 日本:7本  韓国:2本
サーブレシーブ効果率
 日本:61.54%  韓国:44.78%
ミスによる失点
 日本:12点  韓国:15点

快勝して7大会ぶりとなる準決勝進出を決めました。

一番競った第1セットは終盤に20-22とリードされた状態から木村選手のスパイク、井上選手のキルブロック、木村選手のスパイク、相手のスパイクミス、木村選手のスパイクで5連続得点して一気にセットを取りました。

トルコ戦で活躍した江畑選手がこの日も5割の決定率を残し、キム・ヨンギョン選手を1点上回って両チーム最多の合計21得点を挙げました。
木村選手は決定率は38.24%とトルコ戦に続いて高くはないものの合計17得点をマークし、サービスエースは3本ありました。
そして、日本はキム・ヨンギョン選手に51.28%の決定率を残されましたが、他の選手は抑えて韓国で2番目に得点が多かったファン・ヨンジュ選手も9得点だけでした。


試合ハイライト(Long Tail Live Station)


ロシアも第1試合でセルビアにストレート勝ちして準決勝進出を決めました。


日本は自国開催で会場と試合順が固定され、世界大会のメダル争いの常連であるブラジル、アメリカ、イタリアとは別の組になっていることもいくらか有利に働いていると思いますが、今大会は中国には敗れたもののそれ以上不安定なチームにお付き合いせず上手く勝ち残りましたね。
初戦のポーランド戦の大逆転が効いています。
あとは、これまでの相手とは一味も二味も違う国に勝ってメダルを手にすれば本当に大きな価値があると思います。
スポンサーサイト

comment

通りすがり
今日代々木体育館で見てきましたが、ロシアつよいですね。貫禄すらある。
正直なめられた試合展開で(世界バレーの支配権、もっと言えば大会の盛り上がりに口出しする権利は完全にロシアにありますね)木村とかくやしそうでした
人種の壁とか言ったらキリないですけど「日本」一歩ずつがんばってほしいです
2010.11.10 21:23
AZZURRO
>通りすがりさん

ロシアは主力2人をスタメンから外したのに相変わらず強いですね。
少しの間でしたが木村選手は今大会初めてベンチに下がることになり、試合も敗れたので自身の攻撃の成績が良くても悔しいと思います。
日本はここから格上の相手ばかりで厳しいですが、更にチーム一丸となって粘りのバレーを見せてほしいですね。
2010.11.10 23:23

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1397-df109fac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。