--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31

世界選手権 第1次R ペルー戦

30日
日本 3-1 ペルー
(25-15、25-17、22-25、25-14)

スタメン
S:竹下、R:山口、L:木村・江畑、C山本・井上 リベロ:佐野

停電で1時間ぐらい開始が遅れ、試合が生中継になりました。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 日本:45.52%  ペルー:31.69%
キルブロック
 日本:13本  ペルー:7本
サービスエース
 日本:4本  ペルー:0本
サーブレシーブ効果率
 日本:49.25%  ペルー:41.38%
ミスによる失点
 日本:19点  ペルー:19点

流石にフルセットにはなかったものの、日本戦のポーランドのようにセットカウント2-0で迎えた第3セットは魔のセットになりました。
1-6とリードされたところで山本選手に代えて荒木選手を投入して逆転し、終盤に22-20とリードしていましたが、そこからミスも絡んで5連続失点してしまいました。

実は2007年のW杯で対戦した時も日本は第3セットを落としています。
劣勢でも試合を捨てないチームは相手にとって嫌ですね。
しかし、今回は第3セットを落としたお陰で(?)第4セットに竹下選手、中道選手、井野選手、佐野選手が同時にプレーしてアタッカーが荒木選手と木村選手だけという珍しい形が見られました。


試合ハイライト(Long Tail Live Station)
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1384-7c213142
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。