--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24

2010年世界選手権

今月29日(金)から11月14日(日)まで日本で女子の世界選手権(世界バレー)が開催されます。
世界選手権は数あるバレーの世界大会の中で最も歴史が古く、本大会の出場国数も一番多くて様々なチームを見ることができ、他の大会の予選になっておらず開催国も日本に完全固定されてなくて権威があり、個人的には一番好きな世界大会と言えます。(しかし、日本のTV局が作った“世界○○”というスポーツの世界選手権の呼び方は“世界陸上”以外は馴染めません)


<出場24ヶ国>
開催国:日本(5)
前回優勝国:ロシア(7)
アジア:中国(3)、カザフスタン(16)、韓国(21)、タイ(12)
北中米:カナダ(24)、コスタリカ(31)、キューバ(6)、ドミニカ共和国(11)、プエルトリコ(13)、アメリカ(2)
アフリカ:アルジェリア(14)、ケニア(35)
欧州:クロアチア、チェコ(38)、ドイツ(15)、イタリア(4)、オランダ(10)、ポーランド(8)、セルビア(9)、トルコ(22)
南米:ブラジル(1)、ペルー(17)

※カッコ内は現在のFIVBランキングです。

<第1次Rの組分け>
A組(東京・代々木第一体育館
 日本、セルビア、ポーランド、アルジェリア、ペルー、コスタリカ

B組(静岡・浜松アリーナ
 ブラジル、イタリア、オランダ、プエルトリコ、ケニア、チェコ

C組(長野・松本市総合体育館
 アメリカ、キューバ、ドイツ、タイ、カザフスタン、クロアチア

D組(大阪・大阪市中央体育館
 中国、ロシア、ドミニカ共和国、韓国、トルコ、カナダ


<第1次R 日本の試合日程>
29日(金) vsポーランド
30日(土) vsペルー
31日(日) vsアルジェリア
 2日(火) vsコスタリカ
 3日(水・祝) vsセルビア 


第1次Rは1回戦総当たりのリーグ戦を行い各組上位4ヶ国が第2次R((11月6日~10日)に進出します。
第2次RはE組(A組とD組の上位4ヶ国)とF組(B組とC組の上位4ヶ国)に分かれ、1回戦総当たりのリーグ戦を行いますが、第1次Rで同組だった国同士はここでは対戦せず第1次Rの対戦成績が持ち越され、各組上位6ヶ国が決勝R(11月13日~14日)に進みます。
ただし、決勝Rは12ヶ国全てに優勝のチャンスがあるわけではなく、第2次Rの各組上位2ヶ国が準決勝(E1位×F2位、E2位×F1位)、各組3位と4位が5位-8位決定予備戦(E3位×F4位、E4位×F3位)、各組5位と6位が9位-12位決定予備戦(E5位×F6位、E6位×F5位)に回ります。
そして、その勝者同士と敗者同士が最終日に対戦して最終順位を決定します。
なお、E組は東京の代々木第一体育館、F組は愛知の日本ガイシホールで行われます。
決勝Rの会場は東京の代々木第一体育館(メイン)と東京体育館で、日本はずっと代々木です。
それと、これで当然のことですが、今回は決勝戦が一番最後にあるみたいです。


<大会関連HP>
FIVB

JVA

TBS


TBSチャンネル(10月の放送11月の放送)とGAORAでは一部の外国同士の試合が中継されます。


大会テーマ曲はEXILEの『I Wish For You』です。
PVはこちら(YouTube)


<追記>
Ustreamでは外国同士の試合が無料ライブ配信されています。
Long Tail Live Statio Channel
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1373-9ce694ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。