--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11

V・サマーリーグ 決勝リーグ 1日目

東レ 1-3 日立
(20-25、21-25、25-19、18-25)

スタメン
S:田代、R:高田、L:小平・峯村、C:築地・宮田 リベロ:木村(美)

第2セットは和田選手と築地選手、第3セットからは森選手と宮田選手がセンターのスタメンでした。
それと、第3セットから高田選手がレフト、峯村選手がライトにポジションをチェンジしています。


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:36.7%  日立:35.1%
キルブロック
 東レ:8本  日立:14本
サービスエース
 東レ:5本  日立:4本
サーブ効果率
 東レ:13.5%  日立:11.5%
サーブレシーブ成功率
 東レ:61.8%  日立:56.3%
ミスによる失点
 東レ:24点  日立:10点

第3セットは逆転しましたが、どのセットも早い段階から離されて苦しい展開になったようです。
キルブロックとミスによる失点の差が目立ちますね。

日立は直前の第1試合でJTにフルセット勝ちしたばかりでした。
復帰した都澤選手と移籍加入した横山選手(JT戦は第2セットから)もスタメン出場しています。

打数が一番多く失点も多かったものの、高田選手が43.4%の決定率を残してチーム最多の合計25得点を挙げました。
日立は遠井選手が42.0%の決定率で、キルブロックは5本、サービスエースは2本決めて合計28得点をマークしています。




東レ 3-0 パイオニア
(25-22、25-19、25-16)

スタメン
S:田代、R:高田、L:小平・峯村、C:和田・築地 リベロ:木村(美)


<両チームのスタッツ>
アタック決定率
 東レ:33.8%  パイオニア:25.9%
キルブロック
 東レ:7本  パイオニア:7本
サービスエース
 東レ:4本  パイオニア:4本
サーブ効果率
 東レ:17.4%  パイオニア:13.0%
サーブレシーブ成功率
 東レ:63.6%  パイオニア:40.8%
ミスによる失点
 東レ:10点  パイオニア:19点


パイオニアもJTにフルセット勝ちした直後でしたが、アローズが決勝リーグで8年ぶりの勝利を挙げました。

和田選手が54.5%の決定率を残し、キルブロックは3本決めてチーム最多の合計15得点を取りました。
それから、高田選手がこの試合でも決定率が40%を超えて47.4%でした。
高田選手のスパイク打数は4番目で、和田選手の方が多かったです。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1354-e7eafd14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。