--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09

WGP予選R第1週は2勝1敗

<日本の試合結果>
6日
日本 3-1 イタリア
(30-28、27-29、25-20、25-13)

スタメン
S:竹下、R:山口、L:木村・江畑、C:山本・井上 リベロ:佐野


日本のアタック決定率は41.10%で、イタリアは34.19%でした。
木村選手が51.02%のアタック決定率を残し、両チーム最多の合計28得点を挙げました。
キルブロックは日本がイタリアより3本上回って13本あり、そのうち井上選手が7本決めました。
サーブレシーブ効果率は日本が61.43%でイタリアが44.68%でした。
佐野選手が83.87%をマークしました。

イタリアはピッチニーニ選手、デルコーレ選手、バラッツァ選手がベンチ入りしましたが、ロビアンコ選手、ジョーリ選手、カルドゥッロ選手はまだです。


7日
日本 0-3 ブラジル
(20-25、19-25、20-25)

スタメン
S:竹下、R:山口、L:木村・江畑、C:山本・井上 リベロ:佐野


この試合はフジテレビTWOで放送され、時間帯も良かったので観ることができました。

ブラジルにミスが目立って日本がリードすることもありましたが、ブラジルはやはり攻撃力があって終盤に滅法強いです。
決定率が30.09%、キルブロックが3本(全て井上選手)の日本に対してホームのブラジルは決定率49.50%、キルブロック11本と圧倒しました。
ジャケリネ選手が65.00%、シェイラ選手が53.85%の決定率でした。
日本はサイドの決定率が軒並み低く、チーム最多得点は11得点のセンターの井上選手でした。
サーブレシーブ効果率も34.38%と低かったです。

そんな中、迫田選手が第2セットの15-19の場面で江畑選手に代わってWGP初出場を果たし、18-24の場面でバックライトからスパイクを決めてWGP初得点を挙げました。
第3セットはスタメン出場し、この試合ではスパイクで5得点して決定率は38.46%でした。



8日
日本 3-0 チャイニーズタイペイ
(25-16、25-16、25-16)

スタメン
S:竹下、R:山口、L:木村・江畑、C:山本・井上 リベロ:濱口


石田選手と佐野選手に代わって吉澤選手と濱口選手がベンチ入りし、ベンチ入り12選手全員に出場機会がありました。
主力を休ませて控えにアピールのチャンスを与えることができる持って来いの相手です。
しかし、ここでも竹下選手と木村選手は3セットともスタメンでした。
それで、木村選手が48.15%の決定率で、両チーム最多の合計18得点を挙げ、サービスエースは3本決めています。
竹下選手もサービスエースを3本決め、合計5得点を取りました。

迫田選手は第1・第2セットに途中出場し、第3セットにはセッター対角でスタメン出場したようです。
決定率は53.33%で、8得点を挙げました。
山口選手と吉澤選手も決定率が良かったですが、センター陣は3割程度しか決まっていません。
荒木選手は第1セットに途中出場した後、第2・第3セットにスタメン出場して5得点でした。
それから、日本のサーブレシーブ効果率は28.57%で、34.78%のチャイニーズタイペイを下回りました。


第1試合ではイタリアが何とブラジルを3-1で下しました。
イタリアのスタメンは日本戦の第4セットと同じ(ロンドン、オルトラーニ、ピッチニーニ、デルコーレ、バラッツァ、アリゲッティ、メルロ)で、ブラジルも日本戦と同じ(ダニ・リンス 、シェイラ、ジャケリネ、マリ、ファビアナ、タイーザ、ファビ)でした。
正セッター抜きでしかも敵地でブラジルを下して凄いです。
イタリアは2007年のW杯でも途中でロビアンコ選手が故障して控えのフェレッティ選手がトスを上げることになりましたが、見事に優勝しましたね。



<現在の順位>(予選R第1週終了時点)
 1位:中国  勝点9(3勝0敗) 得点率1.251
 2位:ポーランド  勝点9(3勝0敗) 得点率1.112
 3位:ブラジル  勝点6(2勝1敗) 得点率1.197
 4位:オランダ  勝点6(2勝1敗) 得点率1.138
 5位:日本  勝点6(2勝1敗) 得点率1.131
 6位:イタリア  勝点6(2勝1敗) 得点率1.040
------------------------ー
 7位:ドイツ  勝点4(1勝2敗)
 8位:アメリカ  勝点3(1勝2敗) 得点率1.064
 9位:プエルトリコ  勝点3(1勝2敗) 得点率0.819
10位:ドミニカ共和国  勝点2(1勝2敗)
11位:タイ  勝点0(0勝3敗) 得点率0.831
12位:チャイニーズタイペイ  勝点0(0勝3敗) 得点率0.658

日本はセット率ではイタリアを下回っていますが、得点率で上回って5位です。
第1週でフルセットゲームはポーランド大会最終日のドイツ×ドミニカ共和国だけでした。

岡山での第2週は関東以外でも深夜に地上波で放送があるみたいです。
スポンサーサイト

comment

ピグ携帯
AZZURROさん、こんにちは。
イタリアにも勝利していますし、ブラジルからは1セット取れると思ったのですが、残念。
イタリア-ブラジルは、びっくりの結果でしたね。ブラジルも負けるんですねえ。
火の鳥Nippon。
日本での勝利を願っています。
2010.08.11 00:25
AZZURRO
>ピグレットさん

ブラジルはなかなか勝たせてくれませんね。
しかし、僕もイタリアがあのメンバーでホームのブラジルに勝つとは思いませんでした。

全日本にとってWGPの岡山大会が今年初めての日本での公式戦になりますね。
特に全日本1年目の選手には気負い過ぎずに伸び伸びとプレーしてほしいと思います。
2010.08.11 12:43

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1334-2b42d25b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。