--

スポンサーサイト

スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27

芝田選手、未希選手、佐藤選手が引退

芝田選手と佐藤選手の社業専念、それと未希選手のビーチ転向が発表されました。
シーズン終了から新シーズンが始まるまでのこの時期はホッとできますが、一方で選手やスタッフの退団発表がある時期なので嫌でもあります。


引退選手のお知らせ(アローズ公式HP)

芝田選手から引退コメント(アローズ公式HP)

大山 未希選手から引退コメント(アローズ公式HP)

佐藤選手から引退コメント(アローズ公式HP)


芝田選手はユニチカの血を引くアローズ最後の選手で、1999年に成安女子(現・京産大付属)高校からユニチカに入団し、2000年にアローズに全体移籍で移り、2002年にはサマーリーグでMVPを受賞しました。
それから、今季はリーグ戦で10シーズン以上230試合以上に出場した選手に贈られるVリーグ栄誉賞を受賞しました。
先発でもベンチスタートでも頼れる職人でした。
また、08/09シーズンからは引退した向井選手に代わってキャプテンを務め、精神的にもチームを支えてくれました。
女子のV・プレミアリーグを連覇した史上初のキャプテンですね。
全日本辞退を知った時に「もしや」と思いました。

加奈選手の妹でもある未希選手は2004年に成徳学園(現・下北沢成徳)高校からアローズに入団しました。
入った当時はサイドアタッカーでしたが、2005年にセッターに転向しました。
高さがあるのでブロックも期待できました。
今季はV・プレミアリーグで自己最高の30試合91セット(決勝Rを含む)に出場し、先発も6試合ありました。
今季はなかなか良い活躍を見せていたので退団はビックリです。
五輪を目指してビーチでも明るく元気に頑張ってほしいです。
TVで未希選手の姿を見る機会が多くなるかもしれませんね。

佐藤選手は2005年に下北沢成徳高校からアローズに入団しました。
Vリーグデビューとなった05/06シーズンの第12回Vリーグ開幕戦の武富士戦ではワンポイントブロッカーで出場して見事にブロックで1点を挙げました。
翌06/07シーズンは外国人助っ人が不在のシーズンで、苦しみながらも27試合(スタメン26試合)99セットを戦い抜きました。
それ以降はアタッカーでコンスタントに出場はできませんでしたが、パワフルなジャンプサーブも持っており、ピンチサーバーとしてよく起用されました。
今季のV・プレミアリーグ決勝戦では第3セットで24-16とアローズがチャンピオンシップポイントを握った場面でピンチサーバーとして送り出され、サーブを打った後コートで優勝の瞬間を迎えました。


芝田選手、未希選手、佐藤選手、本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://azzurroarena.blog19.fc2.com/tb.php/1308-5e7d2800
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。